※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ノーマルの廃止が決まり、過去の遺物であるとも言う新型?と思しきACを手に入れた私達は、とりあえず地下に滞在していた。時を待っていたのだ。

 彼──ゼプトロヌスから連絡を受け、集合場所である店に入った。

 カラン、と音が鳴り、近くのテーブルで注文を承っていた女性店員が「いらっしゃいませ」と声をかけてきた。

 私は猫背気味にカウンター席の前でグラスを眺めている男を見つけ、安心した。慣れない店に、少し緊張していたようだ。

 額の汗を拭きながら、彼の隣の席に座った。

 中々に反発性の低いイスに、思った以上にどっさりと腰を降ろす。

「…やっと来たか」

 少し赤い顔を見せながら、グラスに残っていた飲料を一気に飲み干す彼。

「注文は」

 マスターと思しき男が、背を向けたまま聞いてきた。一瞬誰が喋ったのか解らないが、とりあえず喉も乾いていたところなので、メニューを見ずに答えた。

「じゃあ、ミルクティーを」

 そう返した私に、マスターが振り返りながら言葉を返す。

「ここが喫茶店に見えるのか。バーに来たら酒を飲め」

「手厳しいな」

 苦笑しつつも、どうするかと迷っていると、隣の彼が代弁しだした。

「テキーラを」

「待ってくれ、私は」

 そう、私は酒を飲めないのである。

「しゃあねぇな。ほら、ミルクティーだ」

 乱暴に置かれたコップを苦笑しながら掴み、口へ運ぼうとした時、ゼプトロヌスが話しかけてきた。

「で、どうでぇ、首尾は」

「だめだ。チームに入ってくれそうな人材は居ない」

「へん、どうせ女の尻しか見てなかったんだろう」

「お前な……。いや、いい」

「んじゃ、俺も探しに行ってやるよ」

「……」

「ンだよその反応は」

「いや、それはいい。私が探す」

「そうかい…。んじゃ賭けるか」

「何を賭けるんだ?」

「金だよ金。おめぇがまぁ連れてきたら、まぁそうだな。50万Auでいいだろ」

「高いな。本当か?」

「代わりに、まぁ俺も暫くぶらぶらに行く。」

「よし、いいだろう」

「ただし」

「ん?」

「おめぇが連れて来れなかったら、こっちに100万だ」

「…そういう魂胆か」

「まぁ、誰か連れてくりゃいい話だ。マスター、勘定」

「あいよ」

「…いいだろう」

「言ったな? 覚えとくぞ」

「…ふぅ」

 彼が店を出て、一息ついた。すると、目の前にグラスが置かれた。

「これは?」

「あんだけデカい交渉に乗ったんだ。奢りだよ」

 グラスの中には、アルコール度数が冗談のように高い酒が置かれていた。

「こんぐらい飲んで見せろや。傭兵さんよ」

「はは…手厳しいな」