※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 クレイドルが、墜落した。

 刹那の出来事だった。

 新たに合流した、かのホワイト・グリントを撃墜した≪彼≫が、オールドキングに誑かされ、クレイドルへ直接攻撃した、という話だ。

 その後破壊活動を続けた≪オールドキング≫は、ジュリアス・エメリーという女リンクスによって粛清、超上空での戦闘はアサルト・セルを撒きこみ、玉砕覚悟で特攻を仕掛けたジュリアスの≪アステリズム≫は、オールドキングの≪リザ≫を盾にする形でアサルト・セルによる一斉攻撃を受け、共に撃墜した。

 ORCA旅団の活動として企業連に認知され、マクシミリアン・テルミドールが目指す「革命」に大きな障害が生じたが、終局的には、アルテリアのエネルギーが衛星軌道掃射砲≪エーレンベルク≫に注がれ、宇宙(そら)を囲む無数の無人砲台を破壊した。人類は遂に、宇宙を手に入れたのだ。

 エーレンベルクによる、アサルト・セルの排除と同時期に、ORCA旅団は事実上解散となった。すでに生き残っているリンクスは、私を除いてストレイド──≪人類種の天敵≫のみだったのだ。オールドキングの思想があった彼は、僅かにエネルギーを得て残ったクレイドルを全て撃墜。人々の≪空の揺り籠≫はその翼を捥がれた。

 時を同じくして、アサルト・セルの事実が人類の前に知らされた。企業の力は弱まり、宇宙開発計画は、失敗に終わった。

 かくして、ORCA旅団の、マクシミリアン・テルミドールの革命は終わった。

 私はただ世界に絶望し、ただ≪ネクスト≫を駆り、ただ戦った。

 私は再び、≪レイル・ナルド≫の名で、カラードに、オーメルに独立傭兵として登用されることになってしまった。ネクストを降りたかったが、ORCA残党として処理されるか生きるかでは、間違いなくこの選択をせざるを得なかったからだ。

 宇宙開発政策の失敗から数週間後。企業は、まだ試作段階にあったコジマ粒子除去機によって、コジマ粒子の除去が、一応は可能であることを公表した。地下世界の大開発と共に、地上のコジマ粒子除去が開始。同時に、企業は「コジマ技術の凍結」を発表。リンクスは遂に、ネクストを失うことになった。

 ───かと思えば、そうでもない。無数の通常戦力による、複数の企業への一斉大規模攻撃作戦が開始されたのだ。既に破棄されたネクスト戦力を除き、その殆どのカラードのリンクスが無理やり防衛に駆りだされた。


『聞こえているね?レイル、ナルド君。オーメル東部の防衛ができるのは君だだけだ。任せたよ』

「……了解」

 釈然としないが、仕方が無かった。安易にネクストを降りるようなら、ネクストによって最優先で狙われるのは見えていた。首を繋がれた山猫は、飼い主からは逃げられないということだ。

「兵装確認。マーヴ、ヒットマン、雄琴、ミサイル確認」

「≪ヘクセン・ナハト≫。ミッション開始」

 クイック・ブーストで前進。目の前には、ノーマルだけではなく、MTや戦闘機、戦車を含めた多種多様な通常戦力が向かってきている。

「主力となるのは、やはりグレネードか。対集団での性能は、心得ている」

 OGOTO起動。近距離仕様のFCSだが、有視界だ。手動で照準し、ノーマルの集団に撃ち込んだ。

「ぐッ」

 バランスが崩れた。空中では使えないことを忘れていた。

 メインブースタの出力を切り、地上での航行に切り替え。再びグレネードを発射。

 先頭にいた主力と思われるノーマル部隊を、まずは撃破した。ミサイルも起動。マルチロックし、戦車群を薙ぎ払う。

「悪いが、ここから先は通せんな」

 マーヴ、ヒットマン起動。ジャンプし、空中から地を這う蟻どもを一掃する。

 グレネードに切り替え。ノーマルを確認し、発射。

「何処から沸いて出るんだ…チッ」

 MTとノーマル、戦車が固まっている。オーバード・ブースト起動。

 OB停止と同時にクイックで前進し、アサルト・アーマーのコマンドを打ち込んだ。

 カァァッと円状に反抗群を一掃した。ネクストを前に、殆どの機が距離を取ろうと動く。

 更にグレネードを、撃ち込んでいく。

 第一波と思われる部隊を殲滅。同時に、アラートが鳴った。

 小ウィンドウに、≪重金属元素の検出≫。

「ネクストか!」

 私は目を見開いた。複眼が空を駆けるそれを捉えた。タイプ・アリーヤ。最後のORCA。≪人類種の天敵≫。

「……君か」

 姿をくらませた大罪者が、目の前に降り立った。私は静かにマーヴを突き出した。

「よく、ORCAの名を汚してくれたな」

 相手は何も答えない。だがそれでもよかった。

「その≪遺産≫、貰い受けるぞ」

 私はいつの間にか、それを≪アナトリアの傭兵≫として捉えていた。

 ベルリオーズは、彼は、どんな気持ちだったのか。

 マーヴを一射。敵のクイック。

 私は鋭く反応し、前に、そして回避した右へ連続QBを吹かし、両手の銃器を叩きこんだ。

 敵のマシンガン、モーターコブラの弾丸が突き刺さる。薄れたPAの中に、アリーヤ自らで突っ込んできた。FCS損傷。

「ッッ…出来るが」

 敵機のレーザー・ブレードが迫った。レイレナードの逸品、07-MOONLIGHTの美しい刃が閃光した。無理だ、交わせない。

 最早諦めた私に、“外部から干渉があった”。

 あろうことか私の≪ヘクセン・ナハト≫は、身体をそらせつつ右へクイック。敵のアリーヤが右手に持っていたモーターコブラを蹴りあげた。

「…無謀だったな≪人類種の天敵≫。……他の奴らと同じだと思ったか?」

 ああ、ベルリオーズ。あなたはずっと、そこで私を見守っていてくれたのか。こんな私を、気にかけてくれていたのか。

 崩れたバランスをクイック・ブーストで強引に立て直し、約30mの距離からグレネードを放った。

 後ろへクイック。一度距離を離し、ミサイルで攻撃。打ち切ってから上昇し、トップ・アタックの準備を整えた。

 しかしアリーヤは、いつの間にか私のさらに上に位置していた。機体から砂煙を尾にしつつ、その一刀を構えていた。

「≪良い戦士だ≫」

 グレネードをパージ。同時に後へクイック。

 神速で降下しその刃を振るったアリーヤは、宙に浮いていたOGOTOの弾薬庫を裂き、その全ての炸薬を爆発させた。

「だが…、勝つのは私だ」

 大爆発が起き、ストレイドのアリーヤ・フレームが粉砕した。


 地上へ降下し、機体の状況を確認した。目立った被弾は無し。

 数分したころに、第二派の反抗部隊が見えてきた。

「身体は満身創痍だが…やるしかない、な」

 徐々に迫る頭痛に顔を歪めつつ、愛機ヘクセン・ナハトを進ませる。

 交戦距離に入ったころ、暗号通信が送られてきた。

 それは、オーメル東部に向けて、本社に影響が無い今のギリギリの距離で核兵器を使用し、一掃する、という文であった。

「な、に……?首脳陣が核兵器を使うだと!?見限るとでも……ッ あちらには非戦闘員も居るんだろ!使うだけ使って最後には見捨てるのか、これだからオーメルは!。……こちら≪ヘクセン・ナハト≫、リンクス≪レイル・ナルド≫だ。反抗部隊は、死にたくなければ退け!時間が無い……ッ ヘクセン・ナハト、離脱する!」

 私は必死に、全周波数通信で警告を出した。すぐにオーバード・ブーストを吹かし、南へ逃げる。

 と、一機のノーマルが、ピッタリこちらに付いてきていたのだ。

「こちらを追跡するノーマル、何のつもりだ!こちらには交戦の意思は無い!」

『テメェの意思なんて関係ねぇ。こっちは大事なモン全部失ってんだよ!』

『結局テメェも、自分の命が大事なだけだろうがよ!』

 敵ノーマルのショットガンが迫った。目一杯に散弾された鋼鉄はしかし、プライマル・アーマーの前に弾かれた。

「私はまだ死ねんのだ、ベルリオーズを越えるまでは!」

 私はひたすら、会話で振り切ろうとしていた。

『アンタがNo.1を? ハッ、やめとけよ。ネクストの時代を終わらせたのは、アンタら、特にオーメルだろォが!』

 その言葉に、私は頭が沸騰した。思わず叫んでいた。

「私はレイレナードの人間だ!コジマ凍結令が出なければ、再びオーメルの尖兵として戦う理由も、ネクストに乗る理由もなかった!」

 私はその怒りにまかせて、ノーマルを破壊しようとした。止まらなかった。

 機体を下に向けクイック。ノーマルの前に降りたって、構えていたショットガンをマーヴで吹き飛ばした。そのまま、整波装置を最大展開。アサルト・アーマーを起動した。

 敵ノーマルはコクピットをパージしていた。ノーマルの残骸が壁となって対した威力は伝わらず、ひとまず私は落ちついた。

「……」

 Gジェルを排出し、メットに対コジマ粒子用のスプレーを適当にかけてから、私はネクストを降りた。

 そのまま敵ノーマルのコクピットまで来ていた。拳銃で安全装置を破壊し、パージ後用の前面ハッチを開いた。

「ヘッ、やるならやれよ。レイレナードの亡霊野郎」

 彼も、世界に絶望していたのか。この救いようのない世界に。

「…私と、来ないか」

「あ?」

「チームを組むのさ。尤も、我々の所に来い、という意味だが」

「むざむざ銃を向けて言うことかよ」

「私はネクストを降りるよ。いや、半年前ぐらいには、もう降りていたが。…AMS適正も優れていなかったし、企業はもう終わりだろう。どうだ、一緒に傭兵でもしようじゃないか?」

「てめぇ、頭おかしいんじゃねぇのか。さっさと殺れよ」


「死にたいのか?」


「いいや?俺だって死にたくはねぇ。もしまだ生きていけると言うなら、改めて殺しにいそしむさ」


「私は、その力が欲しい。書類上のリーダーは私、実働的なリーダーはお前だ。実はもう一人居るが…それは、またあとでいいだろう」

 私は嘘を付いた。めぼしい人物はいるが、誘ってはいなかった。しかし彼なら、喜んで付いてきてくれるだろうとも思っていた。

「何、もう入隊したような感じに持っていってんだよ。……フン、だがそれが、生きるための条件か。…面白ェじゃねぇか」


「…≪ドルグ部隊≫へようこそ。歓迎しよう」

 私はその手中に、部下を手に入れていた。後に始まる、領地略奪闘争における、英雄たちを。



fin







オマケ

ネクスト ヘクセン・ナハト
ベース 04-ALICIA 右腕部兵装 04-MARVE
Mブースタ 03-AALIYAH/M 左腕部兵装 01-HITMAN
Oブースタ KRB-PALLAS 右背部兵装 OGOTO
ジェネレータ M08-MAXWELL 左背部兵装 MP-O200
F.C.S FS-LAHIRE 右格納兵装 02-DRAGONSLAYER
レイル・ナルドのネクスト。オーメルのリンクスとして登録された当初は非武装だったが、初ミッションと同時にオーメルから04-MARVEと02-DRAGONSLAYERを支給される。
カラード発足後OGOTOとMP-O200を購入、同時期に内装類もオーメルのFCSに、AAの登場によってOBをKRB-PALLASに変更。
カラーは灰や黒を中心とした配色。ライト系はオレンジ。
レギュによっては重量過多するかもしれない。
メモリはKP出力をはじめとした整波性能関連。

因みにヘクセン・ナハトとは、ベルリオーズの第5楽章「魔女の夜宴の夢」(ワルプルギスの夜の夢)のワルプルギスの夜=ヘクセンナハトから来ている。
余談だが、第4楽章「断頭台の行進」とはシュープリスである。