※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コジマ粒子発見を00年とした時系列。

アーマード・コアは年月日が曖昧なので適当。

ニューオーダー・オブ・ネクストによると国家解体戦争からfaの世界まで約15年ほど経過してるらしいが、本作では過去と現在の繋ぎ上、オリジナルの世界観に。4系の原作キャラも出てくるけど、その辺の年齢設定も曖昧。出さないけど。


00年
コジマ博士より、コジマ粒子が発見される。 当時サカキで言うと15歳ぐらい
コジマ粒子は、まだ国家の傘下にあった企業によって解析・研究される。

03年頃
コジマ粒子から、莫大なエネルギーが得られることを発見した企業は、コジマ・ジェネレータの開発を始める。また国家には極秘に、兵器転用を始める。

06年
国家解体戦争勃発。ネクスト戦力によって、国家が解体される。パックス・エコノミカが始まる。

08年
リンクス戦争勃発。国家解体戦争によって重傷を負った伝説的なレイヴン、アナトリアの傭兵と、アスピナの英雄、ジョシュア・O・ブライエンによって、レイレナード、アクアビット社が崩壊する。

11~12年
フォーアンサーの時代。中身はほぼオリジナル。
ORCA旅団の決起に伴い、ホワイトグリント撃墜後ストレイドはORCAへ。そのままオールドキングと共にクレイドルを撃墜するが、エーレンベルクも同時に放たれ、宇宙への道を手に入れる。

12年
宇宙開発政策失敗。実験だったコジマ粒子除去装置を用いてコジマ粒子除去開始。クレイドル停止。コジマ・ジェネレータを含めた、全てのコジマ技術の凍結。地下開発が進み、多くの人間が地下へ移住を始める。

12~15年
コジマエネルギーを失ったことで、資源枯渇が深刻化してゆく。

15年
一部の地域でコジマ粒子が完全に除去される。以後、≪生存可能地域≫と呼ばれ、ミグラントたちが現れる。

16年
資源枯渇化が進み、維持できなくなったアーマード・コアをはじめとする一部の兵器が事実上廃止となる。

16年後期
過去の遺物が掘り出される。後に新型のアーマード・コアと認知され、急速に普及する。

17年
ACVストーリー00
レジスタンス決起。しかし≪企業≫の前に敗れる。

18年
ACVストーリー01~