※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ss2-06(最終話) 回帰──強者ノ帰属──

初撃。6基のミサイルが飛翔した。

左腕のアトラデスを構え、先行のミサイル3基を両断。もう3基は表面で受け止める。AURAの効果はもうなく、アトラデスは簡単にへし折れた。

デッドウェイトを放り投げ、一瞬の相対に両手で柄を握り締め、袈裟斬りする──刹那、放り投げられるミサイルランチャー。


──ハッ


嘲笑うような声と同時に、爆発が起きた。

内部の炸薬が全て起爆し、ヴァンガードを膨大な熱が襲う。

「がっ、アアッ」

≪ヴァンガード様!≫

上。

剣で防御態勢を取ったのは、体に染みついた癖だった。

「鈍ったか?ヴァンガードよォ」

ソーラーレーザーが照射される。緑色の閃光が一瞬でアトラデスの表面を焼き、遂には貫いた。

「クソがッ」

「俺様は戦士。お前は所詮ただの諜報員。力があっても、まるで使い方を解っちゃいない」

「黙れッ」

穴が開いたアトラデスを振り切る。その一瞬の間に、その小さな穴に、ビームブレードが突き刺さっていた。

「“お前の”力、見せてみろよ」

「チィッ」

ビームブレードを引き抜いて、最早使い物にならないアトラデスを投げた。

刃の矛先は冗談のように大きく展開された蝶の光に飲み込まれ、アビアティック自身も、空いた左手にビームブレードを握った。

気付けば雨が再び降り始める。頭が急速に冷やされ、「違和感」が現れた。

(……くそ、身体が重い)

≪失礼なこと考えないでください!≫

(そうじゃねえ、表しようが無いダルさが……ッ!)

眼前に迫る、黒い影。

慌ててビームブレードを構える。飛行速度に上乗せされた斬撃が、受け止めた腕を震わせた。

(クソ…こんなものかよ!)

(もう一丁…やってやらぁ…ッ)

リミッター・解除。

目の色が血のような深い赤に切り替わり、視界がクリアになる。神経が先鋭化されるにつれて、使い古された全身の感覚が薄くなっていく。

滴る雨粒が一瞬で蒸発する様な強大な熱を放ち、限界を超えた。

≪警告。第一から第三のリミッター解除。予期せぬエラー信号(1)≫

パス。

≪警告。第四から第八のリミッター解除。予期せぬエラー信号(2)≫

パス。

≪警告。リミッター最終領域。予期せぬエラー信号(3)≫

パスしようとして───できなかった。






「ごばっ」












尋常ではない頭痛と嘔吐感。これでもかという程の膨大な情報と同時に、気を失いそうになる程の痛みが全身を襲った。

その中で、漆黒の「何か」が、密度と実体を以て、頭に流れ込んだ。

≪警告。エラー。エラー。エラー。エラー。エラー。≫

それは、強引な手段により、彼女の身体に刻み込まれた、数え切れないほどの────、









≪[エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー][エラー]────≫



気が付けば、アルテミスの身体から、“投げ出されていた”。










「あ…く……」

情けない、掠れた声を発したのに気づく。

「アルテミス、は……」

「よォ」

倒れたまま回りを見ると、巨大な銃口を向けながら笑っているアビアティックが立っていた。

「お前の言う“力”も、“強者”も、こんなものか」

吐き捨てるように、言葉が続く。

「だ、まれ…」

「まぁいいがな。お前単体の力なんて、とっくの昔に見限ってる」

「“不確定要素”が入れば、それも解らんがなァ?」

「テメェ…」

「いずれは処分する個体だったんだ。これでお前の詰まらん心も元通りだよなァ!」

アビアティックの視線の先に倒れている少女に、緑色の閃光が奔る。

残ったありったけの力を込めて、飛び込んだ。
























───馬鹿野郎が。




















目を開ける。見たこともない、温かさのある白い天井。

「……ここは」

左側には壁のみで、右側には幾つかの計器と機材が並んでいた。

「医療施設、か」

「ヴァンガード様!」

甲高い声を上げながら、女が慌てて入室してくる。

「アルテミス、か…」

動けていることを見て安堵しつつも、聞かずにはいられなかった。

「身体の、調子は…?」

アルテミスの頭は、二本角のままだった。装置を利用した後遺症か、あるいは。詮索する必要は、今は無い。

「なんとも、ありません…!」

涙を浮かべながら、静かに歩みよってくるアルテミス。

「助けてくれたと聞きました。有難うございます…ヴァンガード様は、英雄です」

ゆっくりと言葉を続けるアルテミスだが、ヴァンガードが目を細めながら返す。

「英雄扱いはやめろ。負け犬な俺に、その称号は重すぎる」

「でも」

「今の俺を見てみろ。ロクに身体も動かせない。今なら、お前の腰にある護身用のハンドガンで俺を撃ち殺せるんだぞ」

「それでも、貴方は“私の”英雄です」

微笑みながら、言った。

「……もう、それでいい」

照れくさいのか、目をそらして天井を見るヴァンガード。

「本当に、有難うございます。…大好きです、ヴァンガード様」

「ああ…俺もお前が大好きになっちまったよ」














   [了]



名前:
コメント: