※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ss2-05[前] 神速──12 Second “Zeus”──

視認。

アルテミス/戦闘モード。

≪各関節の同調率23%…。安定化の為、深層意識“アストラエア”を覚醒させます≫

≪“アストラエア”、思考パターン連動、同調率83%安定≫

≪ヴァンガード様!≫

頭の中に直接響く声。アルテミスとは違う声が響いた。

(うわ。なんだ? アストラエア?)

≪なんだか、私の頭の中に居るみたいです≫

アルテミスが言う。気持ちの悪い感覚だ。

(アルテミスまで…身体を乗っ取ってるから頭に響くのか?)

≪私たちがヴァンガード様を支援します≫

(まさかこんなことになるとは思わなかったが…来るぞ)

「貴様か。こんなところまで来るとはな」

「喋り方が変わったな。この裏切野郎がッ」

ビームブレードとトゥーエッジブレイドが干渉する。

当然押し負けし、そのまま吹き飛ばされた。

(チッ、どっからあんな化物武器持ってきやがったんだ)

≪攻撃兵装、アトラデス、展開≫

不意にアストラエアの音声が響く。

同時に、ビームブレードが消失し、代わりにアトラデスが出現した。

滝のように流れる雨を、出現した実体剣が弾いていく。

「ナイトレーヴェン…」

小声でつぶやく。その声は誰にも届かぬまま、雨の音にかき消される。

「行くぞ…」

同時に光が見えた。

2度目の会敵(エンゲージ)。夜鴉の背中のブースタが爆ぜる。一瞬で距離を詰め、刃を交える。

ガッ、と音が響き、衝撃が奔る。意に介さない様子の夜鴉は、その態勢のまま足を振り上げてヴァンガードを吹き飛ばした。

「がッ、く……!」

追撃。

轟音と同時に接近する夜鴉。それを紙一重で避ける。

≪AURAチャージ、完了≫

(行けるか…!)

背部のユニットがそれぞれ3枚の翼に変形し、オレンジ色の光を放出する。

「まだ遅いな」

「チィッ」

突如として加速し、夜鴉へ突撃するヴァンガード。右腕の剣を突き出す。その刃は、紫の光を纏った。

夜鴉の肩が火を噴く。

我ながら理不尽な兵器を作ったと反省するヴァンガードだが、そんなことを考えている暇は無い。

突き。

居合いや突きの技術による間合いの錯覚を利用し、先程高速で相対した時よりも速い速度で刃が接近する。

その刃をアトラデスの表面で防ぐ。紫色のオーラが剣を守り、傷一つ残さずに弾いて見せた。

「やってくれる、だが!」

爆発、旋回。

肩が爆ぜた。高速で右側へ移動すると同時に、左足を引いて旋回。足の動きで上乗せされた旋回は、慣性を利用して一瞬でヴァンガードの背後まで移動した。

「ッ!」

一閃。

AURAユニットが沈黙し、推進力を失った"身体"が徐々に落下する。

≪ヴァンガード様!≫

二人分の女の声が響く。その声は意識を"底"から叩き起こし、その力を解放した。



リミッター・解除。

全ての蒼い光が、赤い、深い紅へと変貌する。あらゆる神経が先鋭化されるような感覚。機械的な腕の、更に事細かな繊維まで感じ取れるような感覚。

「何をしようが、この速さに追随するなど不可能…ッ!」

最後の言葉と同時に、銃弾が飛翔した。
夜鴉の3本のラインアイの内1本に突き刺さった。

「馬、鹿な……」

紅い瞳を見開いたヴァンガードが──迫る。

一瞬で相対。

ヴァンガードが剣を振り上げる。

(ここから先は、“コイツ”が知っている)

「テメェは、"左に避ける"!」

ヴァンガードが脚部の補助ブースタをフルスロットル、夜鴉の肩が爆炎を放つのと同じタイミングで、右側へ高速移動。大きな雨粒を弾きながら、振り上げた剣を袈裟斬りする。

「がァッ!?」

尖鋭的な胴体に、深い溝を与えた。

事前に既存の夜鴉の戦闘パターンを埋め込んだアルテミス。

『データ』と言う名の知恵を、予測に、確信に変える。

「ナイトレェヴェェェン!」

「ヴァンガードォォォォ!」

刃が交わり、引き、牽制する。

既に、夜鴉は気付き始めていた。


一秒が、“延長されている”。