※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ss-09 終着点──諜報員ト少女ニ──

『───目 標 ノ 殲 滅 ヲ 最 優 先 ト ス ル───』

女神が、言葉を吐いた。

紅い紅い複数の眼で睨まれたナイトレーヴェンは、少しながら動くことに躊躇った。

「何、が……」

ガトリングを向け、なんとかトリガーを引く。

しかし、既にアルテミスはその場にいなかった。

「後ろか…ッ」

振り返って陽電子砲を放つが、AURAの神々しい光がそれを遮断する。

「な、に…?」

≪攻撃兵装、アトラディション、展開≫

アルテミスとは違う女の声と同時に、アルテミスが、右腕のビームブレードを投げ捨て、突然構築された巨大な剣を構える。

「チィッ」

その薙ぎ払いを軽快な動きで避け、ガトリングで牽制する。

左腕のショットガンを投げ捨て、アトラディションを両腕で構え、その表面で受け止める。

「な…クッ」

『喰らえ…!』

合成音と同時に、再び大剣が一閃。

「がッ…」

左腕のエアインテークを切り裂いた。

「き、さま…!」

ガトリングを振り回すが、射撃兵装では鈍器以下だ。

「チィッ」

大剣の上から蹴り飛ばし、跳びあがって銃を乱射する。

『その程度で…』

瞬間移動を思わす機動性を叩きだし、左に避けるアルテミス。

≪攻撃兵装、ブリッツライフル、展開≫

何も装備していない左腕には長い銃身のライフルが装備される。

ドン、ドン、と2発の弾が放たれる。しかし、ナイトレーヴェンは簡単に交わして見せる。

(対応策は…)

≪回避機動は私に任せて、アルテミスは攻撃に集中してください≫

(…、了解)

「そろそろ、終わりにさせてもらうッ!」

変形。

一直線にこちらに向けて突貫してくる。

(落ちつけ…)

(狙えば、当たる)

左腕を動かし、ブリッツライフルを発砲する。

ドォ、と音が鳴り、弾が発射される──が、斜めになった傾斜装甲で弾かれた。

(…ッ)

≪アルテミス≫

(……)

斬り払う。

ショートレンジに入る瞬間、右腕を大きく動かし、横なぎに一閃する。

バキ、と、敵機の右腕がブレードを受け止めるが、鋭さがそれを許さず、切り裂いた。



女神と鴉。

悪魔軍と天使軍。

アルテミスと、ナイトレーヴェン。


距離は無かった。

重い大剣を振り払うと同時に、手を離す。

左腕を強引に動かし、零距離から狙う。

敵機も、左腕をこちらに突き出していた。


『……』

「……」

互に笑う。

言葉もなく、互に。

どちらからということもなく、動いていた。

───ヴァンガード様。

彼女の中で、何かが開放された気がした。






目を覚ましたのは、薄暗い場所だった。

「起きたか」

「ヴァンガード…様……?」

彼女の全身は、既に従来のカラーに戻っており、今はBSが外され、寝かされている状態だった。

「無理しやがって。あんな機構、俺は作った覚えはないぞ」

「…すみません」

「いや……。謝ることでもないけどな。お前はよくやってくれたよ」

褒められるのがうれしくて。

あの時聞こえたあの声は、本当に“アストラエア”のものであったのかは解らない。

音もなく、アルテミスは上半身をあげる。

「おい、無理すんなよ」

「アルテミス、これから…」

「ヴァンガード様ぁっ」

言い終わる前に、泣きついたように、飛び付かれた。

(いや…。抱きつかれた、か)

コレだけを見ると、身体は大きくとも、まだ小さい少女だった。無理をさせた。

ヴァンガードの忠実なる戦闘兵として生み出された彼女。彼女自身はそれを知らないだろうが、これからも生きていきたいと思うのか。

「……アルテミス、これから」

「ヴァンガード様と、一緒に居ます」

「……。そうか」

嫌だとは、思わなかった。自分が言おうとしたことでもあった。

これから色々なことがあるだろう。もちろん、辛いことも。



──それでも、二人ならば耐えられる気がした。













ss-Epilogue.

惑星シャーオックドルグ基地、一人の男が座っていた。

その中に、入ってくる別の男。

「よう、お疲れ様だなぁ?」

最初に座っていた男──デルファイター=アビアティックは、入ってきた男に声をかけた。

「……。さてな」

目を細めながら、入ってきた男──デルファイター=ヴァンガードは、アビアティックに声を返す。

ヴァンガードを裏から操ってきた男、アビアティック。

ある時は敵に協力者として忍び込ませ内側から壊滅させ、ある時は裏切り者を排除する。

現在は、その報告会と言う形である。

「結局、処分はしなかったのかよ」

「…ああ」

従来、アルテミスは戦闘を終えると、処分される予定だった。が──

「なんでだ?」

「……」

「ハハッ、お幸せにな」

「…黙れ」

全てお見通しとでもいうかのように、アビアティックは笑いながら喋る。

「危なかったな、あれは」

ヴァンガードが、沈黙を破る。

「ナイトレーヴェン、だっけか?」

「ああ。…流石、自分が最高の技術を用いただけはあった」

「自惚れんじゃねぇよ」

「五月蠅いな」

(ヴァンガードか。よくやったものだ)

彼は、手駒だった。

手駒である彼は、実に忠実に働いてくれていた。

「そうだな」

静かな空気。唐突に、アビアティックが口を開く。

ヴァンガードが顔を上げ、こちらを見る。

「“諜報員”と」

アビアティックは皮肉な笑いを上げながら、言葉を続ける。

「なんというべきなんだろうなぁ?」

言葉と同時に、ヴァンガードは目を細めながら、静かにこちらを睨めつけてくる。

(見え見えだっつんだよ。俺様にはよぉ)

「──“少女”に」

手駒であっても、せめて、二人の未来を想うことくらいは、許されるはずだった。



   [了]