※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ss-07 夜鴉≪ナイトレーヴェン≫

「これで、終わりか……」

暗いメタイヤ古戦場の中、漂う炎が、灰色のロボを煌めつかせる。

周囲には、40体近くの天使軍ロボが転がっており、射程外からの陽電子砲によって、その大多数が撃破され、混乱に乗じて全滅した。

「奴は、逃げたのか……」

「お、まえは…」

「む」

まだ生きていたのか、倒れているビクトリーが顔と手をこちらに向けている。

「お前は、何者…がふ」

「……」

「目標の殲滅を確認、帰還する」




「結局、奴は逃げ切ったか…」

ラムタ村に切り開かれた小さな施設内。

「取り巻きと思われるロボ40機近くを撃破しました」

「まあ、奴の部下かは知らんが、邪魔者を排除できたのはよかったことだ」

「はい」

録音されたテープの音声を吐きだすような機械音で喋る灰色のロボ──ナイトレーヴェン。

彼は、もともとヴァンガードの施設で作らる筈だった決戦兵器であり、その性能は、アストラエアの数倍以上であった。

しかし今は不在中に設計図と機材を強奪され、悪魔軍を潰すために行動する男…シェイデン=ヴォルクトの配下として、忠実なる戦闘兵へと化けさせられてしまっていた。


「とにかく、奴の動向を探ろう。いざって時はゲート何かを使って逃げ出す奴だ。見つけたら逃げる暇もなく潰してやらなければ」

話しながらラムタ村を抜け、西に移動を始める二人。

「了解です、マスター」

「ポイーンに居る可能性は低いが、一応探してみないと解らないな…ん?」

メタイヤ古戦場まで移動したあたりで、中央にロボが見えるのが解る。

「誰だ…?」

白と赤の配色、中型の脚部にバランスが整いつつ、なお且つ機動性能と防御性能を両立したような機体。

「データ照合…ヴァンガード私兵器、アストラエアと74%以上の一致」

「ふむ、アイツの手下か。…やれ」

「了解、マスター」

左腕の陽電子砲を振り上げ、その銃身から光が漏れだし、前方のロボを襲う───。





「どこに行くんですか?ヴァンガード様」

「ポイーンだ。ちょっと潰し損ねた奴がいるからな」

「それの相手を、私が?」

「そうだ。なんか不満か」

「いえ、ヴァンガード様の為なら…」

頬を染めながら答えるアルテミス。だが、前方を向いているヴァンガードには見えていない。

「ほら、ゲートだ。遅れるなよ」

二人が青い光に包まれ、ポイーンへ跳んだ。


「ん、此処は……」

アストラエアの時、初めてポイーンを見たときと同じような反応を示すアルテミス。

「ポイーンのメタイヤ古戦場だ。時間が合いさえすりゃ、灰色のロボが来る筈だ。そいつに仕掛けてくれ」

「了解です」

右腕のビームブレードを強く握り、左腕はシールドを前に防御姿勢で待機するアルテミス。

「俺は離れて見てる。危なくなったら回収して逃げるから安心しろ」

「わかりました、ヴァンガード様」

「っと…来やがったかな、んじゃ頼むぞ」


「……あれが」

敵もこちらに気付いたのか、灰色のロボの方が、左腕をこちらに突きだしてきた。

「ッ」

同時に、閃光と轟音がアルテミスを襲う。が、先に動いていたアルテミスは簡単に避けて見せ、左腕のレイドライフルを見舞う。

ドドドドッ、と4発連続で放たれた弾だが、大きさとは裏腹に、鳥のように軽快な動きで避ける敵機。

(接近戦…)

背部のブースタをフルスロットルで吹かし、赤い炎を煌めかせながら突撃するアルテミス。

相手がそれに呼応するように、右腕のガトリングに変更して、引きながら撃ってくる。

それを最小限の機動で交わしつつ、両腕のガトリングと左腕のライフルを一斉発射。

発射された複数の弾は、弾と弾の境目に身体をひねりながら跳び込ませ、簡単に避けてしまう。

「ッ…」

ショートレンジ。右腕のブレードを振り上げ、一気に振り下ろそうとするが───。

敵の反応の方が、数瞬早かった。


左腕から強烈な閃光が奔り、右腕をシールドごと肩からごっそり吹き飛ばす。

「ああ…ッ」

痛みを我慢しながら、ライフルで引き撃ちを始める。

(強すぎる…?)

襲ってくるガトリングをシールドで防ぐが、既に弾痕だらけであり、いつ装甲を突破されるか解らない。

(ヴァンガード様……)

同時に、機体が青い光で包まれ始める。

「…え?」

数秒としないうちに、何処かへ飛ばされた。




「大丈夫か?」

そんな声が聞こえたのは、暗い施設の中だった。

「あ……」

「余りに劣勢だったからな。すまなかった」

「いいんです、ヴァンガード様は悪くありません。私が──」

「いや……」

どこか申し訳なさそうに、ヴァンガードは話し出した。

「あの灰色のロボ───ナイトレーヴェンを設計しようとしたのは、俺なんだ」

「え…?」

「対不安因子用決戦兵器。従来のロボじゃ撃破出来ないほどの戦闘能力を有した兵器。そんなコンセプトから生まれたのが、アレだ」

「お前には重荷だった。すまない」

「ヴァンガード様…いっ」

そこで、右腕が無いままの事を思い出した。

「お前の腕も、何とかしないとな…来い」

「い、いえ、私は……」

「片腕だけで生きていきたいのか? いいから付いてこい」

「わかり、ました」

研究施設の奥地で、再び改修が始められる。

「治るまで眠ってろよ」

「はい……、zzz」

無痛注射器が利いたのを確認すると、部下のデルザイルに声をかける。

「AURA試験用パーツを出せ」

「いや、しかし、あのパーツは…」

「もう予備もない。AURA機構を最大限に発揮する為にも、アレの方が効率がいい」

「…解りました」


(アイツ…ヴォルクトっつったか…。まさか夜鴉を機材ごと持ってくたァな……)


急ピッチで行われた改修作業は、たった数時間で終了した。


ヴァンガードが常に横にいたので、カプセルを持ち出されることはなかった。

「これで、いいんですか?」

新調した両腕を見ながら嬉しさを見せるアルテミス。

「AURAと同調して機能を発揮する機構がある。AURAの有能性が引き延ばされた、ってトコだな」

「なるほど!」

心なしかテンションが上がっている気がしなくもないが、ヴァンガードは考えないことにする。

(……さて)

(いくら強化をしてもAURAを使っても、アイツへの勝率は半分に満たないが…どうしたものか)

「これで、あの灰色のロボにも勝てますね!」

意気込むアルテミスだが、ヴァンガードは少し不安だった。

「…ああ」

「とにかく、試運転に行くか」

「え?」

「“試運転”だよ。……つまらねえ馬鹿共を潰しに行く」

「? 了解です?」




ガコン、という音と共に、一人のデルゴンが怖気づいたように倒れる。

惑星、ガルド。

広大な砂漠を切り開いて作られた天使軍の一つの拠点惑星である。

そんな中、数人の悪魔軍が、砂漠で冷たい戦闘を繰り広げていた。



「か、かかか、勘弁してくれ! お、お前、DF隊のやつ、だろう、な、仲間を裏切るのかよ!?」

抗議するように叫ぶデルゴンだが、その声に「ハッ」と笑いながら、ヴァンガードは返した。

「先に裏切ったのは手前らだろうがよ。“アビアティックもちょろいもんだ”だと? クハハッ、嗤わせるな。その部下に“してやられてる”ようじゃ、アビアティックを裏から潰そうなんてこたぁ出来ねえよ」

彼は、アビアティック一派を不審に思い、裏から攻撃を仕掛けてDF隊の機能を乗っ取ろうとした中級悪魔のデルゴンである。

すると、ヴァンガードは無線を取り出し、デルゴンの目の前に突き出す

「…へ?」

「呼べよ」

「え、え…」

「仲間ァ呼べっつってんだ。そしたらお前は見逃してやる。懲りただろうしな」

なんだ、簡単じゃないか、とデルゴンが思いながら、心の中で、切り捨てる友人を簡単に選び出す。

「よ、呼びました。じゃ、俺は…」

「まだだ」

「へ…?」

「本当に来るか解んねえからな。おい、見張ってろ」

「ハッ」

3人のデルザイルが、尻もちをついているデルゴンを囲う。

「……おい、アルテミス」

「はい?」

デルゴンから離れた地点で様子を見ていたアルテミスに歩み寄り、声をかける。

「アイツに仲間を呼ばせた。お仲間が来たら、そこに座ってる方のデルゴンを仕留めてくれ」

「え? いいんですか?」

「ああ。何するか解ったもんじゃねえからな」

「き、来ました!」

大型だけに、遠くの物を察知したデルゴンが大きな声を上げた。

「じゃ、じゃあ俺は…」

とデルゴンが言うと同時に、ドォン!と轟音が鳴り響いた。

「ぐえェッ?」

デルゴンの正面装甲に散弾された無数の弾丸が突き刺さり、一気にその機能を奪い取った。

「おい、こんなところに……、なんだ、お前等!」

無数の弾が突き刺さったデルゴン、それを囲い込む3人のデルザイル、更にそれにショットガンを突き付ける大きな白と赤のロボ。更に──その中央に陣取る、黒と紫のデルファイター。

“彼らが始末しようとした”、アビアティックの一派であった。

「ひっ、てめえ、何をたくらんでやが───がぁッ!?」

喋り出すデルゴンに、レーザードプラズマが突き付けられる。

(あの現場を見せちまった以上、さっきの作戦は通じねえか)

「手前らのお仲間さんさァ、何処に居るのかな?」

いつもとは違う口調で語りかけるヴァンガード。

「そ、そんなこと言うわけ…あがっ」

開いた口に銃を突きこまれ、遂に恐怖で動けなくなるデルゴン。

「このままレーザーで焼かれるか、それとも仲間の居場所を吐くか、どっちなんだ?」

この場合、仲間の居場所を吐いても潰されるのだが───。

既に、このデルゴンにそんな事を考える余裕はなかった。

「ひっ、こ、こっから東に行ったちいせえ基地に、み、みんな集まってる筈───」

場所を吐いた所で、強大な熱量のレーザーが放たれ、デルゴンを一瞬で焼き上げた。

「これで、邪魔者は殆ど消せるか?」


「随分なことをしているじゃないか」

裏切り者の処理が捗り少し油断したヴァンガードに、後から声をかけられた。

「ッ…」

跳び引くと同時に振り返ると、黒と白の長身ロボ──シェイデン=ヴォルクトと、その隣には、同じような大きさの灰色のロボ──ナイトレーヴェンが構えていた。

「…チッ」

(このタイミングでか……)

「おい、お前等、増援呼んでさっきの奴ら潰しに行け」

「ヴァ、ヴァンガード様は…?」

二人の異様な雰囲気に怖気づきながら、デルザイルの一人が言葉を返す。

「俺は、コイツらを潰してから行く」

「随分余裕だね。隣のこいつがどれだけ厄介な存在か、君自身が良く解ってるんじゃないか?」

「そういうオマエは、コイツがどんな存在か知らねえだろうがよ」

言葉と同時に、アルテミスが構える。

「ふん、以前やられて逃げたような奴で、コイツに───ナイトレーヴェンにかなうと思うのかい」

「悪ぃが、俺らは“手前等が思っている程”馬鹿な奴らじゃねえんでな。行け!」

命令から一瞬、アルテミスが突撃する。

「捻りつぶしてやれ」

一方、ヴォルクトの指示と同時に、ナイトレーヴェンも駆けだした。