※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ss-06 回収──蘇ル天使──

デゴの悪魔軍基地付近に上陸したゼロファイター、アーヴァン──或いはヴァンガード。

彼は、現在凸凹の多い地帯に隠れ、ゼロファイターの白色を活かし、偵察を続けている。

(どこだ……)

見たところ、空にはいないようだ。

ならば、“想定されたどおりに撃破された”か。

(あいつなら、どっかに逃げ…ん?)

地上を見渡していると、洞窟が見え、その中に赤と白のロボが座っているのが見える。

(アイツ……っ)

即座にホバーモビルを操り、広大なデゴに駆けだした。



(ヴァンガード…様……)

洞窟の中、赤と白で塗装された長身ロボ──アストラエアは、壁に背を預け、天井を見ながら意識を朦朧とさせていた。

ガサッ、と、洞窟の穴の方から音が聞こえ、同時に、こちらに向かうであろう、足音が洞窟内に木霊する。

(…ッ)

とり落としたショットガンを拾い上げ、力の無い腕を振り上げて銃口を穴の方に向ける。

ダッ!!、と大きな音が鳴り、中型の天使軍ロボが侵入してきた。

(!!)

トリガーを引く。が、それよりも早く、敵の弾丸が手首を襲い、そのままショットガンが吹き飛んだ。

「くっ…あ…」

止めを刺そうと銃を向ける敵機を睨めつけるが、敵機はニヤニヤしながらこちらを見ている。

そのまま敵がトリガーを引こうとした瞬間───

横から一発の弾が侵入して来、天使軍ロボを貫いた。

「がッ」

一撃で倒れ、動かなくなった天使軍ロボを見ながら、現れた小さなロボを見る。

「こんなところにいたのか」

「ぁ……ヴァン、ガード……様…」

「無理にしゃべんじゃねえよ。回収しに来た。オマエはそのまま寝てろ」

無痛注射器を取り出し、胴体に突き刺す。

「ぅ…」

とうめき声をあげると同時に、アストラエアは更に口を開く。

「ありがとう、ございます……」

そう言ってから、彼女は気を失った。


「……」

「ありがとうございます、だと……?」

「礼なんて言うんじゃねえよ。俺は───」



「俺は、手前を捨て駒にしたんだぞ…ッ」









惑星シャーオック、ヴァンガード研究施設

「連れて帰ってきた。AI見直して、新造パーツと余剰パーツ使って作り直してやってくれ」

施設に入るや否や、中央のベッドに寝かせた後、ゼロファイター姿で、さっさと出て行ってしまう。

「あ、ヴァンガード様、そのお姿でどちらに…?」

デルザイルの一人が聞くが、ヴァンガードは振り返らずに答えた

「んー、残党共をぶっ潰してくる」

その声と同時に、ヴァンガードは青い光に包まれ、何処かへ移動してしまった。




ラムタ村

一人の天使軍ロボと、灰色に塗装された、鳥を思わせるような大きなロボが居た。

「いいかい」

「……」

「目標はこの男だ。取り巻きもつれているかもしれないから、本人が居ずとも、皆殺しにしろ。いいね」

「了解、マスター」

「奴はメタイヤ古戦場に居る。行けッ」

言葉と同時に、灰色のロボは跳び出した。


こうして──

二つの組織が、相手の名も知らず潰しあうこととなる。






惑星ポイーン、メタイヤ古戦場。

そこには、40人程の天使軍ロボが集まっており、その西側から、ゼロファイターが歩んでくる。

「来たか」

中央の男──ビクトリーが、憎しみの念を込めて言い放った。

「そりゃあなあ。後輩の頼みとありゃ、断るわけにはいかねえ」

「俺は手前と同期らしいがな、それにしても、随分喋り方が変わったな。グリーマン閣下の下に居た時の手前は、猫を被ってたってわけか?」

(こいつ等…グリーマンの残党か?或いは、部隊に就く筈だった志願兵か)

「どうかねえ。俺は、基本的に味方は作らない」

あくまで淡々と言い放つアーヴァンに、ビクトリーは言葉を続ける。

「……、手前、悪魔軍のデルファイターと繋がってるらしいじゃねえか?」

「……」

沈黙を図星と捉えたのか、笑いながらビクトリーは次の言葉を吐きかけた。

「そいつと取引して、手前を始末させてほしいと誘ったら、行方不明なりにすりゃOKだとよ。ポンジャバにでも埋めりゃ、証拠隠滅になるよなあ?」

「ああ、もしかして“上”とは話が付いているのかい?」

「ああ?……手前と俺らとのやりとりにゃ、お前等のお仲間の悪魔軍は手助けしねえってよ。捨てられたんだよ、お前は!」

叫ぶように言うビクトリーに、対するアーヴァンは笑いながら答える。

「クハハハハッ! 誰も、“悪魔軍”とは言ってねえだろうが?なあ」

「なッ…に、を……」

「クククク…クハハッ」

やがて少し落ちついたのか、ビクトリーは一つの確信を持って、アーヴァンに声を出した。

「…ふん、ハッタリだろう?」

「そう思うんなら、後ろを見てみればいいや」

「なに…ッッ」

彼らが後ろを見た先には、灰色の大きなロボ──遠くて小さく見えるが──が接近しており、両手の銃をこちらに向けている状態だった。

「な、な、な…ッ」

ビクトリーが恐怖を感じると同時に、灰色のロボの左腕から、蒼白い閃光が奔った。

ドォォォッ、という轟音と同時に、陽電子砲が駆け抜け、かたまっている天使軍ロボ10体程を薙ぎ払う。

「く、き、貴様ぁ……ッ」

正面を見るビクトリーだが、既にアーヴァンの姿はない。

「貴様…ハメやがったのか、アーヴァアアアン!!」

「やっぱり手前が…グリーマン閣下を殺しやがったんだなあああ!」

(やはり、事実を知らないってことは、志願兵か何かか)

ビクトリーが叫ぶと同時に、2撃目の陽電子砲が奔る。

「うわああっ」

周囲の天使軍ロボが薙ぎ払われ、また数十人のロボが潰された。

「よぉ、ビクトリーさんよ」

「て、手前…」

いつの間にか高台に上っていたアーヴァンは、天使軍ロボ達を見下すように声をかける。

「オマエが取引したデルファイター……。もしかして“ヴァンガード”って名前じゃなかったか?」

「な、んで……それを…」

仲間を何十人も潰され、最後の頼みにしていた悪魔軍の名前を出され、遂に絶望の色を見せるビクトリー。

「なんでってそれ……俺だもの」

「な…ッ───」

同時に、ビクトリーの横に陽電子砲が奔り、残りは10数人とビクトリーだけとなっている。

「ヒィッ」

「クハハハハッ!精々楽しめよ、天使軍所君!」

高らかに宣言するヴァンガードに憤怒し、ビクトリーは叫び続ける。

「貴様ぁ、悪魔軍…貴様ァァァァ!!!」

炎に包まれたメタイヤこ戦場の中、青い光に包まれたヴァンガードは、何処かに飛んでいく。



こうして──

二つの組織が、相手の名も知らず潰しあうこととなった。




惑星シャーオック、ヴァンガード研究施設。

「ったく、天使軍ってのは、恐ろしいなあ」

「あ、ヴァンガード様、お帰りなさいませ」

近くにいたデルザイルが、ゼロファイター姿のヴァンガードに声をかける。もう慣れられたようだ。

「俺、デルファイターに戻るから、奥の施設借りるぞ」

「はい。丁度彼女も、完成したところです」

「そうか、んじゃちょっと行ってくる」



研究施設奥地。

デルファイター姿に戻ったヴァンガードは、青いカプセルに収容されているロボを見ながら、苦笑する。

「なんでわざわざ閉じ込めたんだよ……」

誰にも聞こえない声で呟いた後、デルザイルに問いかける。

「で、どんな感じになったんだ?」

「ええ、見ての通り、脚部を縮めたことで、安定性能が向上、左右のガトリングシールドで、火力と防御力を高めています。それ以外は、以前と同じです。AIは、こちらで再調整させていただきました」

「そうか…上出来だ。よし、解放しろ」

身の危険を感じながら、カプセルを解放させる。

電子音とブザーが鳴り響き、中から一回り小さくなった女神──アルテミスが、目を覚ました。

「……」

「……ん?喋らねえぞ?」

「ヴァンガード様?」

「あ、普通に喋るのな」

(前より落ち着いた雰囲気…やりゃあ出来んじゃねえか)

「よし、んじゃ、付いてこいアルテミス。やり残したことがあるからな」

「了解しました、ヴァンガード様」