イチ <いち>


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼神楽』ヒロインの一人にして天乃杜神社に奉られる水の神。
かつて鬼神を封じるために降ろされた神で、神具の鏡を使って分身を
作り出したり、水を使った遠視(水鏡の術)を行ったり出来る。
但し戦闘シミュレーションパートには参加しない。

天乃杜神社の家事一切を取り仕切り甲斐甲斐しく立ち働く、やたらに腰の低い
なでしこ神様。家事に関しては容赦が無い鬼神。
つまみ食いはイチ様が許しません!!(お説教!!)

ホラー映画が好きという変わったところがあるが、葉子が同様にホラー映画に
ハマっていることから、神や妖怪の間でホラー映画がはやっている可能性が
指摘されている。また、かんなが幼い頃にホラー映画を見て、動く死体恐怖症
に陥っているが、元凶はイチである。
一方、うづきも「結構DVDとかを買っている」らしいが、文脈から、ホラー映画
ではなく一般映画と解するのが正しいと思われる。


イっちゃんは何人いる?


Studio e.go!公式WebページやWikipedia、過去ログなどを参照すると、
イチは「市寸島比売命/市杵嶋姫命」(いちきしまひめのみこと)のようで、
別名が「狭依毘売命」(さよりびめのみこと)とみられる。
鬼神楽』冒頭で触れられる「もう一つ有名な別名」とはこれと考えられる。
また、仏教の弁才天(弁財天)とも習合しているとのこと。

イチは『IZUMO零』のサヨリと容姿が似ているが、全くの別人とされている。
また、『IZUMO3』の弁財天とも容姿に類似性があるが、こちらは
どちらかというと、『IZUMO零』のサヨリに近そうである。

Studio e,go!の手抜きという説がある一方、作品相互の
無意味な関連付けのイチ形態という説も有力である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。