最終話3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『エピローグ』









幽霊少女との別れから、ずいぶんと時間が経過した。
勿論、それは私にとっての『ずいぶん』であり、実際は何ヶ月かどうか。
もしかすると何年かどうか。時間の経過すら曖昧である。

時間の概念を忘れる。それくらい、私は毎日が忙しかった。
死んだ人を説得して、賽の河原で追われに追われ、先輩と談笑してまた仕事。
毎日が目まぐるしくて……でもどこか楽しくて、祭りをしているような気分ですらある。

時折、あの幽霊のことを思い出すことだってある。
そんな時、私の双眸はうるみ、あの広遠なる空の景色が浮かぶ。
彼女にかけられた言葉は、幾重もの悲しみと幾重もの原動力となり、私の体を揺さぶる。





私は、いっぱい、死んだ人と接してきた。
彼らは、未練があった。けれども死んだから何も出来ず、送られていった。
生きていることをことに強く尊ぶのは、死に瀕した際だと誰かが言う。実際、その通りなのかもしれない。
でも、生きていることを味わう瞬間は、いくらだってあると思う。

自然に美を感じた時。慕情を寄せる人が出来た時。
喜怒哀楽の情を覚える時。今、ここに自分があることを認識した時。




色々あって良いと思う。
感じ方は、人それぞれなんだから。





生きることは、素敵なことだと思う。

色々と悲しいことがあったり、嫌なことがあったり。
物事がうまくいかなかったり、どうして良いのか分からなくなったり。

そういう時、生きるのが嫌になる人もいるのかもしれない。
私だって、そういう気持ちになることがある。



そんな時、私は、空を感じる。
実際に首を曲げて見なくてもいい。無理をして注視しなくていい。
ただ、自分の上に、広遠なる空間が、彩りが、きらめきがあることを感じて。
それだけで嬉しくなる。こんなに素敵な空間が、誰の上にもあることを感じて。

生きていたくなる。美しいものを、自然を、見ていたくなる、感じていたくなる。
それは、きっと、とてもとても素敵なことではないのだろうか。


生きていることは、本当に、素敵なことだ。

だから私は生きる。生きて生きて、生きる。




「私は、生きる」




それと同時、私は、願う。



遠くへ放ったこの言葉が。


どうか、どうか、あなたのもとに、届いていますように。





――この、広い広い空を通じて、どうか、どうか。







(おわり)