ジャッジシステム



概要




コスモスジャッジ

  • 慈悲の手
相手とのHP差があるときに、瀕死状態になると発動し、 EXゲージが満タン になる。

  • 庇護の手
相手がEXモードを発動したときに自分のブレイブが初期値以下だったら発動し、 アシストゲージリセットを無効化 する。

  • 反撃への導き
一撃死の危険があるときにブレイクされると発動し、 召喚獣が復活 する。
装備していればチャージ状態の場合でも復活する。

カオスジャッジ

  • 死闘へのいざない
なかなか決着が付かない(膠着状態)で発動
両者のクリティカル発生率とダメージ量の増加 が起きる
時間経過でダメージ量は更に上がっていくので、試合が長引けば長引くほど恐ろしいダメージになっていく


  • 勇なき者への制裁
一定時間攻撃を繰り出さないでいると発動し、 しばらく行動不能 になる
相手がこの状態になれば有利だが、自分がなると悲惨である
攻撃を受けるか、一定時間後に動けるようになる
また、行動不能中にEXモードを発動した場合も動けるようになる
カオスジャッジの場合は定期的に適当な攻撃をするようにしよう
ちなみに、前作までに比べて、時間経過で動けるようになるまでの時間が大幅に長くなっている。

ダブルジャッジ

コスモスジャッジ、カオスジャッジの両方、計5つが状況に応じて発動する

|