PAC3全国展開へ 防衛計画大綱別表案が判明

[転送・転載歓迎/重複失礼]

12月14日(火)にも閣議決定される「防衛計画の大綱」と別表(装備や規
模の具体的目標)案が各紙で報じられています。

PAC3全国展開へ 防衛計画大綱別表案が判明(12/11 中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201012110092.html

別表案で目立つのは「ミサイル防衛」(MD)と潜水艦の増強です。MD
対応イージス艦を現行4隻に2隻増やし6隻に。PAC3も那覇、千歳、
三沢に追加配備する方針です。また、潜水艦は16隻から22隻に増強す
るとされています。

驚くべきは、こうした増強が国会での議論もないまま、明るみに出てから
わずか数日で決定されてしまうという実態です。防衛官僚と一握りの政治
家による密室協議によって、血税の使い道が決められる。しかも内容は
明らかな軍備増強です。こうしたやり方は到底認められるものではありま
せん。この国の民主主義とは何なのかが問われています。

また防衛大綱に関しては、武器輸出三原則の大幅緩和を直接書き込むこ
とこそ見送られるものの、その必要性について盛り込むとされています。10
日の安全保障会議においては、その部分は確定されず調整が継続してい
ると報じられています。必要性の盛り込み自体が、大幅緩和に道を開くた
めの突破口であり、認めることは出来ません。

新防衛大綱に「中国は国際社会の懸念事項」(12/10 日テレNEWS24)
http://news24.jp/articles/2010/12/10/04172143.html

諦めることなく、声を上げましょう。「国是を勝手に崩すな!」の声を集中
してください!「動的防衛力」の名による南西諸島への自衛隊増強に対
してもNO!の声を届けましょう!

◆菅直人首相         (FAX)03-3595-0090  (TEL)03-3508-7323
◆仙石由人官房長官   (FAX)03-3508-3235  (TEL)03-3508-7235
………………………………………………………………………………………
<核とミサイル防衛にNO!キャンペーンのブログ>
http://nomd.exblog.jp/

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。