武器輸出三原則関連


(英語原文)

http://nobasestorieskorea.blogspot.com/2010/12/text-fwd-koreans-statement-and-signs.html


(訳)

1.日本の憲法9条の貴い精神により守られてきた武器輸出三原則を緩和しようとする

菅直人政権の思惑に反対する、日本の平和市民の運動を支援する我々韓国市民は、

菅首相が近日中に発表される防衛大綱の中に武器輸出禁止三原則の見直し提言を

含まないことに決めたとの知らせに喜び、政府のその思惑を阻止すべく何日間も熱心

    に運動してきた日本の平和市民の皆さんに、深い感謝と温かい連帯の気持ちを贈り

    ます。 

2.この禁止原則を緩和しようする菅政権の隠れた目的は、レイセオン社と三菱重工に

よる共同開発、およびそれにより製造される新型スタンダードミサイル3のヨーロッパ

各地とアジアでの販売であると聞きました。それが実現すれば、アジア太平洋地域での

兵器取引の増大、天安艦沈没事件後に緊張が高まった同地域の不安定化、中国・

ロシア・イラン・北朝鮮を標的にするミサイル同盟を含む韓-米-日の軍事同盟強化に

寄与することになるため、我々韓国市民は、韓国の軍事増強と兵器取引への反対

運動に平行して、日本の一部政治家による武器輸出禁止三原則緩和の企てに反対

します。

3.米国で4番目に大きな兵器会社であるレイセオン社は、韓国におけるパトリオットおよび

スタンダードミサイルに深く関与しています。日本の帝国主義の時代に韓国人労働者を

強制連行した三菱重工は、彼らに適切な補償をまだ行っていない、第一級の戦争犯罪

会社です。同社が韓国のアリラン衛星打ち上げのための指名契約企業となったときに

韓国では強い抗議もありました。我々は、サムスン、現代、大宇、Hanhwa, 豊山のような

韓国の兵器製造販売会社は言うまでもなく、多くの国際的な兵器会社に平和産業へ

と転換するよう強く求めます。

4.最後に再び、憲法9条の精神を守り日本とアジアの平和を保とうと運動する、日本の

平和を愛する市民の皆さんに対し、我々の温かく力強い敬意と連帯のメッセージを送り

つつ、今後の強い連帯の意思を表明します。

 

 

2010年12月9日現在の、グループと個人からなる34の署名

(アルファベット順)

 

1.Choe Sang-Cheol, Workers' Institute of Social Science (WISSK), Seoul

2.Cheong Wooksik, Peace Network, Seoul

3.Choi Eun-A, Korea Alliance for Progressive Movement, Seoul

4.Choi Sung-Hee, Incheon

5.Han Sang-Jin

 

 6.Hong Sung-Hak, Korean Professors Union, Chungjoo

 7.Jeju Human Rights Center, Jeju Island

 8.Jung Ae-Jung, Countermeasure Committee against the Leukemia,

Samsung Semiconductor*, Gyunggi-do
 9.Jung Woo-Soo, Korea Alliance for Progressive Movement, Seoul

 10.Kang Sang-Won, Pyeongtaek Peace Center, Pyeongtaek

 

 11.Kim Hwan Young, Korean Veterans For Peace, Gyeonggi Province

 12.Kim Jong-Il, Solidarity for Peace And Reunification of Korea, Seoul

 13.Kim Seong-Hwan, Representative, Samsung General Labor Union, Incheon

14.Kim Seung-Kuk, Peace Making, Seoul

 15.Kim Sung-Kyun, Citizens’ Campaign for Media Consumer Rights*, Seoul


 

16.Kim Sung-Wook, Korea Alliance for Progressive Movement, Seoul

 17.Kim Young-Je, Solidarity for Peace And Reunification of Korea, Seoul

 18.Lee Haeng-Woo, Korean American peace activist

 19.Lee Jung-Min, Seoul

 20.Lee Kwang-Yeol, Supporting Committee for the Restrained Workers*, Seoul


 

21.Lee Kyung-Won, Pan Korean Alliance for Reunification, Seoul

 22.Lee Tae-Ho, People's Solidarity for Participatory Democracy (PSPD), Deputy secretary general

 23.Lim Kyung-Ok, Samsung General Labor Union, Incheon

 24.Lim Mi Young, Executive Secretary, Supporting Committee for Prisoners of Conscience, Seoul

 25.Mo Sung-Ryong, Supporting Committee for Prisoners of Conscience, Seoul


26.Oh Hye-Ran, Solidarity for Peace And Reunification of Korea, Seoul

 27.Oh Pyung Seok, Pan Korean Association for Reconciliation(Minhwaryon)

 28.Pan Island Committee for the Prevention of the Jeju Military Base and

        for the Realization of Island of Peace, Jeju Island

 29.Park Seung-Ho, Institute for Democratic Labor In Memory of Jun Tae-Il, Seoul

  30.Pyon Yeon-Shik, Chairperson, Korean Catholic Federation for Justice

 

 31.Shin Jung-Hyun, Worker, Gyunggi-do

32.Yeo Woo-Sung, Special Committee for the Reinstatement of the Laid-off Workers*,

      Korean Confederation of Trade Unions
33.You Young-Jae, Solidarity for Peace And Reunification of Korea, Seoul

 34.Workers' Institute of Social Science (WISSK), Seoul

 

(*団体名の粗訳)

社会科学協会、大学教授ユニオン、済州島人権センター、

サムスン半導体白血病問題対策委員会、

ピョンテク平和センター、サムスン全労働者ユニオン、ピースネットワーク、

韓国の平和と統一のための連帯(SPARK)、参加型民主主義のための市民連帯(PSPD)、

良心的兵役拒否者支援委員会、統一を求める全コリア連合、

済州島軍事基地を阻止し平和の島を実現するための全済州島委員会、

正義のための韓国カソリック連盟、

韓国通商ユニオン連盟:一時解雇労働者の復職を求める特別委員会、

労働者社会科学協会 など

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。