《環境と原発問題の学習会『第153回いろりばた会議』のご案内》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《環境と原発問題の学習会『第153回いろりばた会議』のご案内》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■テーマ
『浜岡原発震災を防ごうー浜岡原発の危険とプルサーマルNO』
〜原発・地震・プルサーマル〜3重の危険性の解説と
止めるために私たちに何ができるか(運動論・実践論)

■提起
山崎久隆さん(たんぽぽ舎、劣化ウラン研究会)
柳田 真さん(たんぽぽ舎)

●日 時:2010年12月16日(木) 18:30開場、18:45〜21:00
●会 場:たんぽぽ舎会議室

《内 容》
今回のいろりばた会議は東海地震の想定震源域に建つ浜岡原発(中
部電力)についてとりあげます。

■昨年2009年8月11日、駿河湾地震が発生しました。
現地の人は"ついに東海地震が来たか"と思った人もいるくらいで
したが、地震の規模としてはマグニチュード6.5で特別大きなも
のではありませんでした。

■この地震で震源から40キロ地点の浜岡原発は緊急停止しましたが、
「東海地震が来ても大丈夫」と中部電力が主張していた5号機は
想定外に大きな揺れに襲われました。このために5号機は現在ま
で再開していません。
東海地震で予想されているのはマグニチュード8.0〜8.5、この駿
河湾地震の200倍ほどのエネルギーに襲われると見られています。

■原発震災
大地震による震災と原発事故が同時に起こる事態を「原発震災」
と呼びます(石橋克彦氏)。これは震災で身動きが取れないところ
に放射能が流れてくる、また放射能のために外から救援に入るこ
ともできないという過酷な災害になります。

■プルサーマル延期
中部電力は来年から浜岡原発4号機でプルトニウム燃料を使うプ
ルサーマル運転を計画していました。しかし国が進めている耐震
チェックで5号機に時間がかかっていて4号機まで手が回らず、
今回は見送りとなりました。

■自然現象である地震を防ぐことはできませんが、原発震災は人間
次第で防げます。現在浜岡原発は定期点検を含めて全機が止まっ
ていますが、このまま動かさないでおけばいいのです。

◆今回は山崎久隆さんに地震時の原発事故の危険性を解説して
もらいます。また柳田真さんに、原発震災を防ぐために私た
ちに何ができるかを提起してもらいます。

皆様のご参加をお待ちしております!

★参加者よりの発表、資料の持ち寄り、参加歓迎です

●資料代:800円
●主 催:原発と環境の学習会いろりばた会議
●連絡先:たんぽぽ舎
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/
 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。