市民のための自由なラジオ、第12回、今回はジャーナリストの西谷文和さんの司会で放送さ れました。

市民のための自由なラジオ、第12回、今回はジャーナリストの西谷文和さんの司会で放送さ
れました。
西谷さん、5月にトルコを取材されて、シリア難民の取材をされて、トルコ南部はフランスに支配されて、
そこから独立戦争でトルコが勝ったところ、ガジアンテップであり、この辺りはオスマントルコが第1次大
戦で負けてイギリスとフランスに占領されて、祖国解放戦線が勝ってトルコやシリアが独立して、国境線
は植民地支配の痕跡で、中東の人はそのためにイギリスとフランスを快く思わず、イスラム国はその反動
であり、空爆に1回1億×1万回なのに、日本だと舛添氏のスキャンダルであり、今週のテーマは政治とカネ
であり、弁護士で政治資金オンブズマン(http://homepage2.nifty.com/~matsuyama/ )共同代表の阪口
徳雄さんのお話がありました。これ、阪口さんのお話、読んだら(ラジオを聴いても)腹が立つと思いま
すが、腹が立ったら、投票、監査請求など、行動に出てください!
 前半のテーマは、なぜ繰り返される、政治とカネの問題、まず舛添氏、阪口さんは2014年1月に舛添氏セ
コいぞとブログを書かれて、政治資金から家賃を払っていることであり、神戸学院大の上脇さんも骨董品
のことを調べられて、それが資料代になっていることが分かり、美術品になり、政治資金オンブズマンは
舛添スキャンダルを2年前から告発していたのに、マスコミは報じず、自公が応援していた、政権政党の応
援していたものを大手マスコミは報じない暗黙のルールがあり、しかし舛添氏のことはセコく、マンガな
ど買っており、舛添氏の問題はしかし小さな悪で、もっと大きな悪があり、政治資金オンブズマンで20年
追及しても、大手マスコミが報じないのが問題であり、もっと大きな悪は、官房機密費、年間10数億領収
書なしで使えて、報告の必要もなく、月1億、これも税金であり、外国との交渉などではなく、これは外交
機密費(何十億)から出て、官房長官は与党のまとめ、野党買収に使われていると推察される。
 そして、自民の政治資金問題、マスコミは全く報じないが、幹部個人に幹事長がカネを配り、これも報
告しておらず、政党収支報告書の適用外であり、幹事長が金を配っても、モチ代は100~200万、選挙時に
数億幹事長が配り、これも公表の必要はなく、問題は舛添氏の比ではなく、ここには政党助成金ではな
く、企業献金が原資で、銀行も企業献金を再開し、企業献金は暗黒で、トヨタは税金を5年払わず、トヨタ
は1億自民に寄付、メガバンクも再開であり、これは献金だから国民への報告の義務はなく、しかし自民は
国民の投票によるもので、闇金はおかしいのに、自民は財界の話を聞くもの。
 金から見たら安倍政権はドロドロであり、企業献金は財界のためだから止めて政党助成金になったの
に、これは国民を二重三重に裏切り、しかし93年に政党助成金+企業献金、後者は年間20億、安倍政権に
なり企業献金は増えて、それで労働者切り捨て。
 賄賂の甘利氏の不起訴は、本来あっせん利得処罰法に適用されるべきで、ズバリなのに、これで不起訴
なら誰を起訴するのか、東京地検が政治的な配慮によるもので、録音など証拠があるのに、検察は不起訴
の理由を言っていないものの、露骨に国会で追及するとか言っていないためであり、検察は堕ちて、弱い
人を追及して強いものを助けるのが検察だと阪口さん指摘されて、それで甘利氏の件は検察審査会に申し
出たのです。

 LIGHT UP ジャーナル、今週は今中哲二先生のお話で、もんじゅのことです。
 ずばり、なぜもんじゅを廃炉にしないのか、今中さんも知りたいと言われて、通常の原子炉だと水で冷
やすものを、金属ナトリウムで冷やすものであり、しかし高速増殖炉という意味、核分裂の連鎖反応のス
ピードを言い、一般の軽水炉では、連鎖反応は遅い中性子を使い、核分裂の中性子は光の1/20で飛び、こ
れを水で減速すると核分裂が起こりやすくなり、しかし高速増殖炉だと速いままの中性子でやると核分裂
が多くなり、連鎖反応には1個の中性子でいいが、余りをウラン238に吸収させたら、ウラン239→プルト
ニウム239になり、プルトニウム239を燃料にするために、速い中性子が必要である(水を冷却材にしたら
中性子が減速されてしまい、高速の中性子を保つには、液体金属が必要で、そのために金属ナトリウムが
選ばれた)。
 しかし、高速増殖炉は実験炉→原型炉→商業炉であり、もんじゅは原型炉、使い物にするために金を無
限に使い、今までに1兆円!ところが95年のナトリウム漏れでもんじゅはお釈迦になり、これで高速増
殖炉は破綻&福島事故で潰れたはずなのに、今も続いてもおり、アメリカもイギリスもフランスも撤退、
ロシアもやっておらず、日本だけ無駄遣いで、高速増殖炉には1日5000万円かかり、もんじゅは核分
裂の連鎖反応は止まっていても、金属ナトリウムが冷えたら固まってしまい、ナトリウムが固化すると体
積が変わり原子炉を破壊するので、そのために永遠に加熱しないとダメ(泣)。
 95年にナトリウム漏れ、2010年に機器が落下して、これだけの大失態であるのに、もんじゅはプルト
ニウムを扱う技術=核兵器開発のための技術で、ナトリウムは反応性が高くて水に触れたら爆発であり
(これは私(永岡)が専門(化学)ですが、金属ナトリウムは0.1グラムでも水と反応させたら爆発し、私
は学生時代に有機試薬から微量の水分を除去するのにごくわずかの金属ナトリウムを添加していたのです
が、この作業は危険で、企業の研究室、ましてや工場では許可が出ず、私には金属ナトリウムを1000トン
も使う高速増殖炉が消防法をどうクリアしたのか、理解できません!)、そして原子炉としても暴走しや
すく、普通の原発=石油ストーブとしたら、高速増殖炉はガソリンストーブで、ナトリウムが沸騰したら
チェルノブイリ事故、一般の原子炉は水で止められるのに、高速増殖炉はアウト(泣)。
 高速増殖炉は、政府が決断したら廃炉になるのに、毎年200億浪費し、もんじゅは1日も早き廃炉にすべ
きで、太平洋戦争末期、止めずに沖縄戦、広島長崎の原爆投下と同じで、チェックは出来ず、合理性な
し、イケイケドンドン、高速増殖炉、六ヶ所村も同じであり、戦前からこの国の政治や、国民の文化が変
わっていないのです、以上、今中さんのお話でした。
 そして、このラジオを聞いた後に、関電高浜差し止めへの関電の因縁付けは却下されました!

 ここで音楽、1日働いて2000円、世の中では苦しんで働いて、税金を取られており、他方日本でも、アメ
リカでも、わずかな人間(50人)が株の投資などで所得の半分を得ており、富の配分を考えるべき曲、憂
歌団の、おそうじおばちゃんです。これは、you tubeにありました。
https://www.youtube.com/watch?v=RP0L_2P1Q4E

 阪口さんの、後半のお話、繰り返される政治とカネの問題に、市民はどう対処すべきか、大手マスコミ
がちゃんと報じないからであり、安倍内閣になり報道の自由度が11位→72位に落ちて、安倍総理とマスコ
ミの幹部の飲み食いの情報公開を阪口さん請求されたら、そんな書類はないと門前払い、では誰が金を出
しの科、税金であり、官房機密費から出ているorマスコミが払っているか、全く分からず、しかし新聞の
首相動静にテレビ局や新聞社の社長どころか、論説委員まで言っており、これは数年前んなら考えられ
ず、ニューヨークタイムスならコーヒー1杯アウトなのに、安倍政権はマスコミを手なずけたら後終わり、
民放は企業のCMで、舛添氏のような落ちたものしか叩けず、安倍総理や甘利氏を大手マスコミがもっと
追及すべき。
 西谷さん、吹田市長の金の問題を住民監査請求→裁判にしたのに、国会議員、首相にはなく、甘利氏に
監査請求はなく、政治家、官僚に不利な法律は作られず、談合など国がしており、無駄なトンネルなど、
国、官僚への監査請求の制度がないためであり、国会議員の政治とカネの問題は検察にやらせるしかな
く、しかし国会議員に住民監査請求をすべきなのに、制度がなく、検察も弱気をくじき強きを助け、マス
コミも同じで、この傾向は、安倍政権になりよりひどくなった。
 安倍氏が総理で、以前の官房長官時代の金の使途について阪口さんも裁判をされて、しかし公開され
ず、自民の政権交代時、2009年の民主党への政権交代時に、2.5億の官房機密費が10日で浪費されており、
ポケットに入れた可能性もあり、自民が負けたので本来国庫に返すべきものを浪費し、官房機密費は総理
と官房長官により決められて、当時麻生総理と河村氏が決めたものであり、こんなもの、10日では使いき
れず、しかし情報公開しても出て来ず、民間企業なら横領、背任、株主代表訴訟になる。
 上脇さん、89年の消費税導入時に官房機密費が野党懐柔に5億使われて、内部文書が出て来て、分かり、
しかしアメリカだとケネディ暗殺の書類も時間が経つと公開、9・11もいずれ公開されるのに、日本だと未
来永劫公開されず、民主党もこれを公開する予定が、政権を取ったら自分も官房機密費を使っているので
なくなり、沖縄の密約も大変なものであり、本来官房機密費は公開されるなら、デタラメな使い方は出来
ず、そして追及すべきマスコミも、民間のテレビ局は企業がスポンサーであり、公共放送のNHKも揉め
井氏で安倍氏の言いなりで、阪口さん、BBCと比べてNHKは恥、受信料を払わないと抵抗している人
もあり、本来ならメディアが追及すべきで、本来ならこの内容をNHKでやるべきなのです、以上、阪口
さんのお話でした。

ニュースの歩き方は、西谷さんにより、イスラム教徒=怖いとの印象はおかしいとのことです。世界の
ニュースの現場で見てきたことであり、今安田純平さんがヌスラ戦線に拘束されて、1日も早い解放、政府
の交渉を願われて、そしてイスラム国家の誤解を解く、であり、安田さんはヌスラ戦線が拘束して、しか
しイスラム国が悪名高く、テロだとマスコミが悲惨な場面を報じて、イスラム教=テロリストと日本だと
思われることもあるが、西谷さん、10数年イスラム圏を取材したら、99.9%のイスラム教徒はイスラム国
が嫌い、テロは嫌いであり、イスラム圏内はアラビア語であり、あいさつの中に平和があなたの上にあり
ますように、という意味であり、返礼もあなた方の上こそ平和に、であるのに、このパレスチナやシリ
ア、イラクで戦争であり、西谷さん、もうすぐラマダンが始まり、断食であり、1年に1回、毎年12日前に
進み、イスラムは太陰暦のためで、イラク戦争時には11~12月が、今年6月で、昼が長くラマダンはしんど
く、しかしイスラムの方は、昔ものをちゃんと食べられず、貧困の人もあり、1年1回はそういう時代、人
たちのことを思いだすためにラマダンであり、実際は夕方は殺気立ち、早く食べたいためだが、夕方6時の
レストランは満員であり、ラマダンを取材すると、みんなで食事するもので、寂しいのはアラブの方は嫌
いで、日本から来たならといろいろ聞いて喋り、人を気遣い、西谷さんの通訳は東日本大震災や熊本大地
震の時に問い合わせてくるものであり、アルジャジーラを見て、ならカンパしようかと、本来カンパして
もらうべき人が日本を心配してくれて、西谷さんはみんな違っていいと思い、互いの違いを認めていくべ
きであり、しかしトランプ氏、アメリカからイスラム教徒を追い出せと言い、間違った認識がトランプ氏
のような排外主義を生むので、このような、イスラム国家は、本当は平和を望み、親しみやすい人たちだ
と、西谷さんは知ってほしいと言われました。

 今週の自由なラジオ、西谷さん、この番組は企業の支援はなく、市民の支援で成り立ち、政党助成金も
官房機密費もなく、リスナーの支援をお願いしたいと言われて、ぜひ皆さん寄付をお願いいたします。
 本当に、このまま巨悪の政治家をのさばらせたら、日本に民主主義は育たず、税金を自分のために湯水
のように使う政治家たち、舛添氏だけでなく、追及しようにも、追及できないシステムになっており、マ
スコミは権力に立つものであり、検察も強きを助けており、こんな歪んだ社会はいけないの、そのために
社会を変えるべきであり、投票率も上げるべき、そうして政治を、社会を変えるべきなのです、以上、今
週の自由なラジオLIGHT UPでした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。