<ケーブル不正問題緊急署名>

柏崎刈羽原発で発覚した法令違反のケーブルの不正敷設問題は、浜岡
や女川、東通など他の原発にも広がっています。原子力規制庁は、全国
の原発に対し3月までの調査を指示しましたが、なんとその対象から、
高浜原発3・4号機と川内原発1・2号機は除かれています。これは明
らかに再稼働を優先した対応です!許されません!!今すぐ署名をお願
いします!これで高浜原発3号機の再稼働を止めましょう!

<拡散希望>***********************
高浜・川内原発も調査を!ケーブル不正問題についての緊急署名
http://kiseikanshi.main.jp/2016/01/14/522/
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
************************

こちらからすぐに署名できます
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
第一次集約は1月20日です。拡散のほうもよろしくお願いします!

紙版はこちらです。印刷してお使いください
http://kiseikanshi.main.jp/wp-content/uploads/2016/01/kamiban.pdf

<ケーブル不正問題緊急署名>

ケーブル不正敷設は「新規制基準に適合していない」と規制庁は認めな
がら 高浜3・4号、川内1・2号は特別扱で、調査報告の免除は許さ
れません

高浜原発3号の1月28日原子炉起動は中止!川内原発1・2号は運転
停止!他の原発と同様に、詳細な調査報告等を提出させるべきです

原子力規制委員会 委員長 田中俊一 様

 昨年9月に柏崎刈羽原発6号機で、中央制御室の床板等をはがした結
果、電気ケーブルの不正敷設問題が発覚しました。事故時に必要な安全
系統のケーブルと一般のケーブルは、火災が発生しても延焼しないよう、
仕切り板等で隔離されている必要があります。しかし、柏崎刈羽原発で
は、分離板の未設置等で1,049本ものケーブルが不正な状態である
ことが明らかになりました。
 これについて、原子力規制庁は1月6日に文書(※1)を出し、技術
基準違反・保安規定違反で「新規制基準に適合していない状態」だと指
摘しています。そして、東電のみならず、すべての電力会社に同様の問
題がないか詳細な調査を実施し、3月31日までに報告するよう指示文
書を出しました。

 ところが、運転中の川内原発1・2号と、原子炉起動を1月末に控え
る高浜3号、同様に2月末に起動予定の高浜4号については、特別扱い
をして、原発の稼働を最優先にして、具体的調査報告の提出を免除して
います。
 1月6日の規制庁文書では、川内1・2号については「ケーブルの分
離に係る施工方針が示されており、当該方針どおりに施工されているこ
とを使用前検査において確認を行っている」。高浜3・4号については
「当該方針に係る使用前検査を現在実施中である」と書いているだけで、
不正なケーブル敷設があったのかどうかもブラックボックスです。さら
に「指示」では、東電の不正が他の事業者にも「共通する可能性がある」
との認識に立ち、品質マネジメントシステムの検証を一般的に求めてい
ます。

 高浜原発の場合は、関西広域連合や福井県原子力安全専門委員会等で、
「原子炉停止、冷却等に必要な安全機能の系統分離方針(3時間以上の
耐火能力を有する隔壁等)を確認」と規制庁は説明しています。実態は
確認せずに、関電の「方針」だけを確認したということでしょうか。あ
まりにも無責任です。

要請事項

高浜原発3・4号の原子炉起動は中止し、川内原発1・2号は運転を停
止したうえで、ケーブル不正敷設問題について、他の原発と同様に詳細
な調査報告等を提出させること。

※1:柏崎刈羽原子力発電所における不適切なケーブル敷設に係る東京
電力からの報告に対する評価及び今後の対応について」
2016.1.6原子力規制庁 http://www.nsr.go.jp/data/000135349.pdf

署名呼びかけ団体:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かご
しまネット/福井から原発を止める裁判の会/避難計画を案ずる関西連絡
会/グリーン・アクション/アジェンダ・プロジェクト/NPO法人 使い捨
て時代を考える会/美浜の会/ FoE Japan/原子力規制を監視する市民の
会/グリーンピース・ジャパン/脱原発はりまアクション

署名第一次集約:2016年1月20日  第二次集約:2月20日

紙版署名の送り先(郵送かFaxでお願いします)
グリーン・アクション 京都市左京区田中関田町 22-75-103
Tel:075-701-7223 Fax: 075-702-1952
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。