極右による「国家改造」の性格―耳栓・目隠しで「日本を取り戻す」(下) ――平和主義原理の抹殺と「日米同盟」の新文脈  武藤一羊

海棠ひろ(ピープルズ・プラン研究所)です。

この間、選挙をはさんで2週間にわたり、安倍自民党の何たるかについて批判、
分析を書き綴ってきた武藤一羊さんの文章、(上)(中)(インターミッショ
ン)に続く最終回(下)をウェブにアップしました。

「国防軍」創設を提起する改憲草案、よじれた日米関係のなかで日本はアメリカ
に何を差し出すことになるのか、「日米同盟」の意味の変容・・。

組閣を終えて動き出す安倍政権、権力を取り戻して、いったい日本社会をどこへ
向かわせようというのか。

ぜひ、お読みいただきたいです。
(小熊英二さんにも負けないくらい(?)読みやすく書かれています・・・と思
います)

◆極右による「国家改造」の性格―耳栓・目隠しで「日本を取り戻す」(下)
――平和主義原理の抹殺と「日米同盟」の新文脈
武藤一羊(2012年12月27日記)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=135

=================================
これまでの3本は以下で読めます。

◆極右による「国家改造」の性格―耳栓・目隠しで「日本を取り戻す」(上)
(2012年12月12日記)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=131

◆極右による「国家改造」の性格:耳栓・目隠しで「日本を取り戻す」(中)
――普遍的価値からの遮断装置としての自民党憲法草案
(2012年12月14日記)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=132

◆極右による「国家改造」の性格:耳栓・目隠しで「日本を取り戻す」
インターミッション
(2012年12月20日記)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=134

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。