安倍晋三と自民党への厳重抗議

---------------------------------------------------
安倍晋三と自民党への厳重抗議
自由民主党本部 〒100-8910
東京都千代田区永田町1-11-23
[TEL] 03-3581-6211 (代)
[FAX] 03-5511-8855 (ふれあいFAX)

2012年12月23日
京都生協の働く仲間の会(アルバイト仲間も加入できます。)
keizirou.hushimi@gmail.com
(連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号)

私たちは、安倍晋三と自民党に対して厳重に抗議する。あなた方は、障碍者、高齢者をはじめとした全ての人々に対して誠実に謝罪せよ。これは、福祉切り捨ての宣言と実行そのものである。絶対に許せない。まずは私たちに対して、12月30日までに必ず、回答をすることを強く求める。
1、
安倍晋三は、自民党総裁として、今度の総選挙において、選挙活動中に、高齢者と障害者など、本来優先的に電車の中で座る必要のある人々を押しのけて、排除して、安倍晋三の席を予約し、確保するなどというまことに人としてあるまじき卑劣な態度をとった。JR東海は、職員を派遣して、普通列車の中で、座らせ、安倍晋三の席を確保させ、その席を安倍晋三に提供した。そうして、実際に高齢者の席を奪って、安倍は、自分が座ったのである。
しかも、このことの卑劣さに厳重に抗議した高齢者に対して、あろうことか、居直り、逆に、脅すという卑劣な態度をとり、そのことが、反論されるや、次には、その高齢者が、立ったまま、必死で抗議する事に対して、居眠り、狸寝入りをして、ごまかしをずっと行ったのである。こんな安倍は、また、自民党も、絶対に許せない。
2、
このことは、朝日新聞によって次のように報じられている。
「朝日新聞デジタル
2012年12月14日23時31分.
〈決戦24時〉―12月14日
15・30 自民党の安倍総裁が遊説のため、静岡県内をJR東海道線の普通列車で移動中、初老の男性に注意される。JR職員がおさえていた席に、後から乗ってきた安倍氏が座ったため。男性は安倍氏の隣に立って苦言を続ける。安倍氏はしばらく聞いていたが、「だから、すみませんって言ってるじゃないか」と怒り、その後は座ったまま目を閉じる。男性は隣に立ち続けた。」と。
3、
私たちは、この「初老の男性」の勇気あふれる決断と指摘の決起に対して、心から誠心誠意連帯するものである。
それにしても、安倍晋三も、自民党もあまりにもひどい。また、JR東海も、あまりにもひどい。安倍晋三の席を確保するために、JRの職員が派遣され、その仕事についていることに、驚かされるとともに、その依怙贔屓は、ひどすぎると考える。
大体、「高齢者、障害者などに席を譲ろう。」「困っている人に席を譲ろう。」とは、今日の日本において、大事な人権感覚として、進められてきており、実際、重要な定着を見せてきている。それを根底から覆す暴挙だ。
安倍晋三なら、自民党なら、そんなことは無視していいというものである。
安倍晋三なら、自民党なら、JR東海は、人を派遣して「席」確保を計画的に、仕事としてするというものである。そしてその為に、安倍晋三の席にするために、職員を座らせておくというのだ。まさに、とんでもない依怙贔屓、とんでもない便宜供与、暴挙だ。
4、
京都では、地下鉄、バスなどでは、高齢者や障害者が立っていたら、次々と席を譲る人が現れるという状況をよく見かける。とても大事なことだ。この大事な在り方を、根底から覆すのが安倍である。自分のために、自分の席を確保するために、JR職員を派遣し、前もって座らせておいて、自分が言った時に、譲らせるとしているのである。安倍は、この点でも、とてつもない恥知らずだ。また、自民党、そして、JR東海自身もまた、全く許されない、とてつもない恥知らずだ。
そしてこの事は、安倍と自民党が、いかに福祉を無視して、高齢者や障害者の存在と生活を無視しているかを、明らかにしている。絶対に許せない。
5、
福島原発事故では、50人以上の高齢者が、大量大虐殺・ジェノサイドされました。所が、その責任を重大に負う安倍と自民党は、そのことを全く謝罪も、反省もしていません。それどころか、逆に、原発の推進をすら言っています。まさに、50人以上の要介護状態の高齢者が、医療を奪われ、次々と殺されていった。このことなど、どうでもいい、高齢者など災害弱者の大量大虐殺・ジェノサイドなどどうでもいい、という態度をとっているのです。このジェノサイド責任を取ろうとしない態度と、「席」強奪と居直りの態度とは、全く同じ根っこの問題だと思います。
6、
更に、大阪地方裁判所は、この12月、604号法廷の前の廊下の長椅子が撤去されていました。傍聴などに来ている障碍者、高齢者をはじめとした人々が、傍聴にきちんと臨めるようにとあった長椅子を、この604号法廷の前だけ、撤去しています。これは、原発=放射能毒バラマイ反対を闘う人々の不当な逮捕、裁判を糺すとする行為に対して、警察力を動員しての暴力的妨害に邪魔だということで、撤去されているようです。これは、全く不当であり、不法です。
これは、高齢者、障害者などを傍聴などの裁判への参加を妨害する行為であり、人権侵害です。法廷には、車いす用のスペースが、2つ、もうけられています。大事な福祉の闘いの勝利です。
ところが、廊下の長椅子は撤去です。12月21日も、車いすの障害者の参加がありました。それとともに、杖をついての参加の高齢な障害者もおられました。これらの人々の裁判参加、傍聴参加、公開裁判の原則の要求を踏みにじるものです。また、裁判所が、高齢者、障害者の人権を先頭になって踏みにじるものです。人権を守り、確保するべき裁判所が、率先して人権無視を宣言し、実行しているのです。
7、
私たちは、安倍晋三と自民党に対して厳重に抗議する。あなた方は、障碍者、高齢者をはじめとした全ての人々に対して誠実に謝罪せよ。これは、福祉切り捨ての宣言と実行そのものである。絶対に許せない。まずは私たちに対して、12月30日までに必ず、回答をすることを強く求める。

近頃巷に流行る歌
1、
高齢者    そこのけそこのけ   安倍晋座る
2、
障碍者    そこのけそこのけ   安倍晋予約
3、
座る席    JRでは       安倍晋が一
4、
老人の    烈火の抗議に     安倍晋は
狸寝入りと  逃げの居直り
5、
老人の    席を奪って     うれしいか
恥を知らない 安倍晋自民      
6、
JR     「席」取り職員   派遣する
そこのけそこのけ 安倍晋が一            以上。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。