『食料問題で世界は窮地に レスター・R・ブラウン』アースポリシー研究所リリース


■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第154号
2012.8.16発行

※このメルマガは転送転載、大歓迎です。

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 世界レベルで穀物が危険なレベルに! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 田中優より ◆◇◆

枝廣淳子さんのメルマガで超特急で訳してくれたものです。
穀物が危険なレベルになりました。日本はTPPだの、輸入だのと言う前に自給
しないといけないです。

日本も放射能汚染されてしまった土地があったり、これからも原発事故の
可能性がある国です。
状況は厳しくなりますが、やはり自国でまかなっていくべきです。
良いものを作ってくれている農家さんへ、きちんと支払うべきです。

―*--―*――*――*――*――*――*――

枝廣淳子さんメルマガ「環境メールニュース」より
http://www.es-inc.jp/lib/mailnews/index.html

『食料問題で世界は窮地に レスター・R・ブラウン』

アースポリシー研究所リリース
2012年7月24日

2012年の早春、米国では約9,600万エーカーの土地でトウモロコシの作付が順調
に始まろうとしていた。これは過去75年間で最大の面積だ。早春の暖かい気温の
おかげで、滑り出しは上々だった。アナリストは史上最大の収穫量を予測してい
た。

トウモロコシは世界中で飼料用穀物として使われている。米国はその主要生産国
であり、主要輸出国でもある。国内では、穀物収穫高全体の4/5を占め、国際的
には、中国における米と小麦を合わせた収穫高を超えている。小麦と米を含めた
3大穀物の中で、トウモロコシは今やトップを走っており、小麦の収穫高をはる
かに超え、米の収穫高の2倍近くに達している。

トウモロコシは生産性が高いと同時にデリケートな植物である。大量の水を要し、
成長が速い一方で、高温と干ばつの両方に弱い。通常なら非常に生産性の高いト
ウモロコシが、高温でショック状態に陥っている。

春から夏に移る頃、コーンベルト(トウモロコシ生産地帯)一帯の気温が上がり
始めた。コーンベルト南部のミズーリ州、セントルイスでは、6月下旬から7月
初めにかけて、気温が摂氏37.8度を超える日が10日間にわたり続いた。ここ数週
間、コーンベルトは干上がってしまいそうな暑さに覆われている。

ネブラスカ大学が毎週発行している干ばつマップによると、干ばつ地域は国中に
どんどん広がり、7月半ばまでには、コーンベルトのほぼ全域を飲み込んだ。コー
ンベルトの土壌水分量は史上最低レベルを示した。

気温、雨量、干ばつが穀物成長条件の間接的指標である一方で、その実態につい
ては、毎週、米国農務省がトウモロコシの収穫に関する報告書を発表している。

今年初めの報告書では明るい見通しだった。5月21日、米国のトウモロコシの作
況は77%が優か良の評価だった。翌週、優と良の割合は72%に下がった。さらに
8週間後は26%にまで落ち、史上最低の比率となった。残りの74%は劣悪から並
と評価された。トウモロコシの作況は現在も悪化の一途だ。

気候変動に伴ってさらに激しい異常気象が起こり、それがどれほど食料安全保障
に影響を及ぼしうるのか、私たちは数週間で目の当たりにした。6月初めから、
トウモロコシ価格は50%近く上昇し、7月19日には史上最高値を記録した。

危険なレベルにまで低下した穀物備蓄量の回復の切り札として、世界中が米国の
豊作を期待していたが、もはや当てにできない。世界の穀物繰越備蓄量は今年の
収穫期の終わりにさらに落ち込み、食料事情をもっと不安定にするだろう。食料
価格は既に高騰しているが、トウモロコシの価格上昇に続いて、最高値を記録す
る可能性が大きい。

現在の食料事情だけでなく、世界の食料システムそのものが悪化している。世界
の穀物価格が突然2倍に跳ね上がった後、2008年には破綻の初期症状が表れてい
た。食料価格の世界的な上昇につれ、輸出国は国内の食料価格を据え置くために
穀物輸出を制限し始めた。それに対して、輸入国の政府は慌てた。輸入国の中に
は他国の土地を購入・貸借し、そこで食料の自力生産に乗り出す国もあった。

食料難の新しい地政学にようこそ。食料供給が厳しくなるにつれ、私たちは食料
の新時代に移行しつつある。それは、どの国も「自分の分は自分で」という時代
だ。

世界は食料問題で窮地に追い込まれている。しかし、今のところ政治の指導者が
現状の深刻さを把握しているという形跡はほとんど見当たらない。ここ数十年か
けて前進した飢餓撲滅の動きは逆戻りしてしまった。私たちが素早く行動して、
人口、エネルギー、水に対する新たな政策を取り入れない限り、飢餓撲滅という
目標は目標のままで終わるだろう。

残された時間は少ない。食料価格の高騰、食料不安の拡大、そして最終的には政
情不安が次々に起こる─このような収拾不能な食料不足の事態に世界はまた一歩
近づいたかもしれない─ほとんどの人が実感している以上に。

注釈:2012年7月24日(火)付ガーディアン紙掲載記事

この情報の友人、家族、同僚への転送はご自由にどうぞ。
http://www.earth-policy.org/plan_b_updates/2012/update104

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●フェイスブックにて田中優コミュニティが2,985人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
⇒ http://www.facebook.com/tanakayupage

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
⇒田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

●田中優ブログ‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ http://www.mag2.com/m/0001363131.html 
活動支援金 525円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL  officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。