基地ではなくジュゴン保護区を『沖縄ジュゴンを守ろう! 署名ニュースVol.10』

おはようございます♪
多くの市民がストップの声をあげている中での
野田首相の無責任な大飯原発再稼働の安全宣言、
沖縄の普天間基地への欠陥機オスプレイの配備要請、
ますます声をあげ、関心を広めていかなくては!!

さて、『沖縄ジュゴンを守ろう! 署名ニュースVol.10』ができました!
お知らせさせて下さいね(重複ご容赦を)
どうぞお読みください。
引き続き、ご協力をどうぞよろしくお願いします。


以下、転送・転載歓迎
☆——————————————————————————————— ☆
2012年IUCNにむけて 〜 基地ではなくジュゴン保護区を

『沖縄ジュゴンを守ろう! 署名ニュースVol.10』

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)発行(2012/6/8)
*署名の詳細 http://www.sdcc.jp/iucn/2009-2010-petision.html
☆——————————————————————————————— ☆

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は、日本では沖縄本島にのみ
生息する絶滅危惧種ジュゴンの保護に取り組んでいます。
辺野古・大浦湾沿岸への新基地建設計画は、ジュゴンの大切な生息域を
壊してしまいます。新基地建設を止め、ジュゴン保護区を作り、
沖縄ジュゴンと豊かな海、人々のくらしを守っていこうと活動しています。 

【目次】============================================================
1、情勢 
  2、ジュゴン保護署名・第4次集約分
3、第7回じゅごんの里ツアー開催します
4、ジュゴン・フラッグ募集中 〜IUCN済州島会議に向けて
5、写真展のご案内
6、事務局より(会員募集中)
==================================================================
——————————————————————————————————
◆情勢 
——————————————————————————————————
日米両政府は4月27日、在日米軍再編見直しの共同文書を発表しましたが、
普天間飛行場の辺野古への移設について、辺野古以外にも検討の余地を広げる
文言を盛り込まざるを得ませんでした。沖縄県民の基地はいらないという思いと
「基地ではなくジュゴン保護を」と求める国内外の世論が、基地建設を止めています。

その一方、日米両政府は、事故が多発しているオスプレイを7月にも、普天間基地
に配備しようとしています。地元宜野湾市民をはじめ沖縄県民は反対に立ち上がっ
ています。私たちもオスプレイ配備NO!の声を広げていきましょう。

——————————————————————————————————
◆ジュゴン保護署名・第4次集約分
——————————————————————————————————
昨年11月に、第3次集約分(約1万筆・累計5万5千筆)を提出しました。
今年5月末の第4次集約分は、約6千筆、累計は6万1千筆になりました。
9月IUCN済州島会議に向け、更に署名を広げていきます。
署名最終締め切りは10月末。提出は11月を予定しています。
どうぞ、ご協力をよろしくお願いいたします。

☆第3次署名提出と環境省・防衛省・外務省との交渉の様子はこちら
http://www.sdcc.jp/result/11/11-24-kosyo-tokyo.html

☆署名の詳細はこちら(オンライン署名もよろしくお願いします)
http://www.sdcc.jp/iucn/2009-2010-petision.html

———————————————————————————————
◆第7回じゅごんの里ツアー開催します
———————————————————————————————
『基地に頼らない暮らしを』と取り組む名護市の辺野古・大浦湾を訪れ、基地の
現状を知り、地元の方々と交流し、やんばるの豊かな自然、文化、歴史にふれる
ツアーです。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.sdcc.jp/plan/12-tour-okinawa.html

◇現地参加、途中参加を募集中です。航空券は各自でご用意ください。
(東京・大阪からのツアーは締め切りました)
◇締め切り:6月20日
※現地参加費は参加形態により違いますのでお問い合わせください
(那覇からの現地フル参加で28000円)

※下記事務所までご連絡いただければ、申し込み用紙をお送りします。

———————————————————————————————
◆ジュゴン・フラッグキャンペーン展開中 
〜IUCN韓国・済州(チェジュ)島会議に向けて 
———————————————————————————————
9月に韓国・済州島で開催されるIUCN第5回世界自然保護会議に参加して、
ジュゴン保護に取り組む海外の団体と交流を深め、世界中の人々に沖縄
ジュゴン保護、NO BASEの声を届けます。ジュゴン保護は世界の流れです。
会議に向けてジュゴン・フラッグキャンペーンを展開中!

詳しくは、こちらをご覧ください
http://www.sdcc.jp/iucn/dugong-frag-2011.html

※記念缶バッジの販売、カンパも募っています。どうぞご支援お願いします。
※IUCN(国際自然保護連合)は、世界最大の自然保護団体です。
SDCCはIUCNの正式メンバーです。

———————————————————————————————
◆写真展のご案内 
———————————————————————————————
【首都圏】
「写真家山本英夫〜沖縄 基地の重圧をゆるがす」&ジュゴン保護キャンペーンセンター

ジョイント写真展を開催します。
◇日時:6月16日(土)13時〜19時(交流会:17時〜18時)
6月17日(日)10時〜17時(交流会:15時〜16時)
◇場所:なかのZERO西館1階美術ギャラリー  
東京都中野区中野2-9-7、03-5340-5000 (代)
◇入場無料
詳細はこちら
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/08491da323d329260ada7813324aaae9

【関西】
すいた環境教育フェア2012に出展 
※沖縄の写真家牧志治さんの写真を展示します
◇日時 6月16日(土)10時〜16時
◇場所 吹田市文化会館 メイシアター 1F展示室
(阪急吹田駅下車すぐ)
◇入場無料
詳細はこちら
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/47940db264aff4de927adb58bd614087

———————————————————————————————
◆事務局より(会員募集中)
———————————————————————————————
●どうぞ会員になってください。
SDCCの活動は会員のみなさまの会費とカンパに支えられています。
会員の方には年6回ちゃんぷるニュース(会報)をお送りしています。
ニュースの購読でジュゴン保護のサポートを!

年会費:個人  2000円(15歳以下の方は500円) 団体 10000円

☆入会の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sdcc.jp/other/member.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(発行)ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC) 
TEL/FAX  03-5228-1377 (東京事務所)
06-6353-0514 (関西事務所)
URL     http://www.sdcc.jp
EーMAIL   info@sdcc.jp
(カンパ振込み先)
郵便口座 00140-9-660199
口座名 ジュゴン保護キャンペーンセンター
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。