PAC3と済州島カンジョン村問題;激励連帯メッセージを!!

みなさま
北朝鮮のミサイル発射に備えてPAC3配備となっている現在、あらためてミサイル防衛システムへの懸念を強くします。
そこで、韓国のそのシステムの一貫として海軍基地建設が強行されている済州島カンジョン村における村民や市民の反対運動を支援するため、PAC3やミサイル防衛に反対する日本の市民グループから、東アジアでの米・日・韓によるミサイル防衛システム構築に反対する意思を表明し、かつ同じように反対する韓国済州島市民へ激励と連帯を示すような、メッセージを幾つか集めて、あちらに寄せたいと思います。

あまり時間がなくて恐縮ですが、4月1日に訪問して手渡しますので、その前夜までに書いて頂ける方にお願いします。
あちらへの激励や連帯の言葉も添えていただけたらありがたいです。

長さなどすべて自由です。短くても構いません。村長やかつての留学生など数名は日本語が読めますのでそのまま渡します。
*締め切り:3月31日(土)夜9時までに*、 seamesky@sand.ocn.ne.jp   まで
(参考:
http://www.anatakara.com/petition/peace-to-gangjeong-and-okinawa.html )

「カンジョン村に平和を!」募金活動実行委員会
会計:黒木鞠子(ネットワーク・コスモポリタン)
監査:豊島耕一 (佐賀大学理工学部教授) 
連絡先:さとうまきこ seamesky@sand.ocn.ne.jp

================================

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。