韓国チェジュ島を守れ!基地開発工事住民の抵抗に支援を!ネット署名

現在住民と支援者の抵抗が続いています。
くわしくは 「ヘッドライン済州」
http://www.headlinejeju.co.kr/news/articleView.html?idxno=144108
(グーグルの翻訳で十分読めます)

緊急のインターネット署名も呼び掛けられています。
http://www.thepetitionsite.com/1/save-gangjeong-village/#taf
――――――――――――――――――――――――――――――――
よろしくお願いいたします。


ジュゴン保護キャンペーンセンター

 

 http://www.anatakara.com/petition/south-korea-ignoring-rule-of-law-sign-of-dictatorship.html 
 
 * 「東アジアの『真の平和』を創る沖縄・済州島の連帯をめざして―沖縄から普天間海兵隊基地を追いだそう― 
        普天間爆音訴訟団事務局長 高橋年男  
(宇宙への兵器と原子力配備に反対するグローバルネットワーク第20会国際チェジュ平和会議発表原稿)
(更新)
http://www.anatakara.com/petition/let-us-stand-together-to-get-the-US-Marines-Futenma-base-out-of-okinawahtml.html

2) 呉さんからの回覧メールより
...............................
今日になって緊迫しています、韓国からの友人の通信を翻訳しました。
【9時現在】
カンジョン、緊迫しています。以下日本語訳。
9時現在のカンジョンの状況「クロンビ岩」に籠城中だったカトリックの神父、市民団体の活動家連行・・・。作業要員投入。
カンジョン関連の政治圏状況。
チョン・ドンニョン、イ・ジョンヒ、議員が始発の飛行機でカンジョンに到着。
民主統合党党代表、院内代表、最高委員会のすべての発言で発破中断を協力に要求、道内の予備候補も続々カンジョンの現場へ到着。
キム・ジェギュン議員、カン・ドンギュン会長等が道知事と面談中。

【11時20分現在】
11時20分、クロンビ始めの発破。海上から火薬を搬入した模様。
海では継続して浚渫工事中。

【午後からの通信】
道知事、】埋め立て免許停止予告。工事中止要請。工事中止命令の根拠を見つけた模様だ。ただ、手続きが必要だと・・・。
------------------------------------------------------------
呉 光現(OH KWANG HYUN)
____________________________
3)韓国政府:法律無視は専制の証   ベンジャミン・モネ(海上の船で監視中)
 
チェジュ島カンジョン村では、海軍基地建設に平和的に抗議する村人、活動家、宗教団体を制圧するために使われている不法逮捕と拘束が悪化している。その建設は、民主的手続きの欠如と不法逮捕の申し立てにもかかわらず、巡洋艦の母港を持つという目的、ならびに国家安全保障と公共の利益の名目で始められた。一方、2012年2月14日首相筋は、政府および非政府の委員からなる合同技術評価委員会によって作成された最終報告を発表した。同建設の青写真に重大な欠陥があると述べるこの報告の発表は、進行中の建設の再考を不可避なものに思わせた。しかしながら李明博大統領は2月22日特別記者会見を開き、その場での質疑で同建設工事は継続されなければならないと主張した。
 
海軍基地建設計画続行という李明博大統領の決意は驚きではないが、関連法と民主的プロセスの見過ごし、人権を保護しないこと、さらに権力を乱用する役人に与えられている刑事罰免責特権は、重大な懸念がある問題だ。カンジョン村の建設現場に近い警察所長は頻繁に交代した。役人たちの一部は配置換えを望み、他は個人的理由で辞職した。そのような変化があるときはいつでも、不当逮捕および、住民と活動家の拘束がさらに増加し、その一方で警察と軍の暴力はより見逃されるようになる。その理由はそれが、警察署長という地位は、この建設を支援する一方で、それを防ごうとするあらゆる試みを、人々の権利の侵害や関連法無視を含むようなやり方で無力化させることができるような役人を要するのだという、無言の了解であるからだ。
 
カンジョン村では、法の不合理な適応のもとで不法に逮捕され拘留されている人たちにとって、法が沈黙している。警察と軍による権力の乱用に対応すべき政府の役人は、それらを適切に監視してもいなければ、疑問視もしていない。悲しいことに、警察の目的はその建設現場付近であらゆる人を逮捕することになってしまっている。この現場はまもなくかたづけられ、港へのアクセスをつくるが、アジア人権委員会は、政府が民主的プロセスを通じてその紛争を解決するよりはむしろ、強引な執行による建設プロセスをスピードアップするのに熱心であることを懸念している。
 
韓国政府は、法のルールを損ない、民主的プロセスを無視し、抗議者たちを抑圧するのは、専制国家の特徴であることを思い出すべきである。法のルールを無視しての強制執行は今後、現政権下で頻繁な噂となってささやかれる腐敗の暴露の可能性とともに、その海軍基地建設に責任がある者たちに対する告発を招くだけであろう。
________________________________
4)チェジュのための闘い:軍拡競争がどのように韓国のパラダイスを脅かしつつあるかロバート・レッドフォード 
 
2002年2月一つずつが4階建ての家の大きさである57のセメントのケーソン(*中で水中工事をするための、水密になった箱)が、数マイルに渡る海岸と軟体珊瑚礁の上に投機されるのを想像してごらんなさい。それは海洋生態系を破壊するだろう。我々の不完全な知識であろうとも、もう、少なくとも9つの絶命危惧種が死に絶えるとわかるが、その連鎖反応は誰も知らない、あるいはおそらく知ることができないであろう。 
 
それが今まさに、朝鮮半島の南岸の沖合にある、文化的・生態的な特異性を持つ土地、チェジュ島の手つかずの海岸線にて起ころうとしていることだ。それは自らの対弾道ミサイルイージスシステムにより中国を包囲しようとする米国の要求—中国が危険な挑発と読んだもの―および、韓国海軍による、空母・潜水艦・イージスシステムを搭載した駆逐艦のための大規模海軍基地建設が動機となっているようだ。
 
これがあまり知られていないのはなぜかとあなたが疑問に思うのであれば、それは絶対に、チェジュ島村民の責任ではない。それらのミカン農家や漁師たちは、破壊の危険にさらされた海岸で5年間、それを守るため自分たちの生活を切り詰めてキャンプ生活を続けている。その中には、酸素ボンベを使用すると採りすぎることになりかねないと考え素潜りでアワビを収穫する伝説的な海女も入っている。
 
しかしチェジュの本土からの距離が、軍事機密とミスリーディングな公式報告と相まって、その結果地元民が「チェジュの泡」と述べるようになった、同地の現状への世界認識の欠如を維持することとなっている。こうして、数百エーカーの肥沃な農地がすでにコンクリート舗装の私は昨年夏、NYタイムズに載ったグロリア・ステイナムの論評記事、「軍拡競争が天国に侵入」を読んでこの状況を知った。彼女はこう書いた:「今生きている私たちが今後数世紀にわたり判断されることになる行動が幾つかある。将来投げかけられる唯一の疑問は:「私たちが何を知っていたか、そしていつそれを知っていたか?」だ。」ため重機でつぶされ、さらにケーソンがその死のゾーンを海へと拡張する。
 
判断に値する行動の一つは、あなたや私がジェジュはどこにでもある島ではないという奉仕でチェジュ島の軍拡化について行動することであるかもしれないと私は思う。チェジュは、その息を飲むような美しさ、特異な伝統と手つかずの森により、「世界の7大自然美」の一つに選ばれたばかりである。世界66のユネスコ・グローバル・ジオパークのうちで、9つが島にある。同島はまた、女性の島と呼ばれるに至っている、人と自然、女性と男性の間のバランスの伝統によって、文化的にも特異である。さらにまた同島は平和の島としても知られている。
 
提案されている海軍基地は、ユネスコが指定した「生物圏保護区」に近く、さらにそれはまた国によって指定された環境保護エリアでもある。インド洋太平洋のバンドウイルカは、その海岸の豊かな生物多様性の故にそこで出産する。韓国海軍は、絶滅の危機にある腫は他へ移動でき、珊瑚礁は再建できると主張するが、これは科学者も村人たちも馬鹿げたことと否定するものである。巨大なセメント構造物はあらゆる海洋生物を潰すだけでなく、海に依拠する他の腫にとって絶対に必要な日光を遮断し、さらに潜水艦からの頻繁なシグナルは鯨にとって痛ましい死をもたらすことになる。それはまた人ガン発生率や暴力、性的暴行が増大している軍事基地を取り巻く生活の一事実でもある。
 
私は、海岸線周辺の住民が同基地を阻止するため、熾烈な非暴力の闘いを続けていることに感動し、感銘を抱いた。彼らは、ブルドーザーとセメントトラックを阻止するために体を張り、自分の余暇を犠牲にし、叩かれ投獄され、さらには海軍およびサムソンやデーリムのような建設会社の営業を「妨害」という理由で多額の罰金を支払ったが、すべては自分たちの郷土と、失われれば取り戻すことが不可能な地球の財産を守るためであった。村人の94%がこの基地建設に反対の投票をしたが、韓国政府は建設を進めている。それはまた建設されれば、米軍に韓国の基地をすべて利用させる協定により拘束もされる。
環境保護活動家や平和運動家、民主主義の擁護者たちができる最小のことは、我々の怒りを表現することだろう。Save JejuIsland CampaignのHPを除いてみて行動を起こすことができる。個人として、旅行者として、専門家として、市民として、自分しかわからないアクセスを、圧力となる地点まで加えたかもしれない。たとえば、インターナショナル・ユニオン・フォ・コンサベーション・オブ・ネイチャー(自然保護のための国際ユニオン)は、2012年9月6日15日にチェジュ島で世界環境保護会議を開催する。これは、運動へのてこ入れとして使うべきものであろう。

秘密主義と偽善が、この軍事基地を地下に潜るままにさせた。事実と行動主義が、手遅れになる前にそれを止めることができる。

(ロバート・レッドフォードは、俳優・監督・環境保護運動家であり、ネイチャー・リソーシーズ・ディフェンス・カウンシルの理事を長年務めている。彼はまたユタ州でのサンダンス映画際の創設者でもある。)

====================================

anatakara-news

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。