辺野古アセス評価書提出の動向

この年末、政府は辺野古アセス評価書を強引に提出しようとし、
沖縄では辺野古の海を守るため
体を張っての阻止行動が行われました。

しつこいくらいに沖縄の情報を流しています。
多くの人に知ってほしい、知ることで変われると思うから。
平和に向けて。。。

本気度を問われているのは、私たち。

よければ、どうぞ読んでくださいね。
最近フェイスブックにアップしたものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆地元紙で識るオキナワブログ
『県民も知事も 本気度 問われています』
http://michisan.ti-da.net/e3857921.html

本気度を問われているのは、本土の私たちなんじゃない。
日本政府は市民を守らない、ってわかった。
じゃぁ、どうする?
辺野古への米軍基地建設、
フクシマの原発事故
いったいどうする?

◆辺野古浜通信より
『今夜もありがとう? 沖縄防衛局真部朗とその仲間のたち 』
http://henoko.ti-da.net/e3753271.html

みんなの力で、現場の仲間たちの力で、
辺野古アセス評価書提出を止めています。


◆SDCCブログより、まとめですご一読を!
『県民無視のアセス評価書〜闘いは正念場』
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/5e2924a981268fae88c6f3890f03070a

生物多様性のホットスポット、
絶滅の危機にあるジュゴンの大切な生息域の辺野古の海。
基地を造るなんてできっこないんですよね〜。

◆?12/28琉球新報社説
『アセス評価書送付 歴史的・国家的な暴挙だ』
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-185684-storytopic-11.html

この国の民主主義と県民の基本的人権をないがしろにする権力の暴走は、
断じて許されない。、、、、それは民主国家の体を成さない。
本質において軍事独裁国家と変わらない。

◆地元紙で識るオキナワブログより
『評価書の搬入を市民らが阻止』
http://michisan.ti-da.net/e3855713.html
本土の新聞報道とは温度差が違う、地元の新聞をぜひご覧ください。
日本という国の実態をどうぞ知ってください。

福島の人たちの「私たちは棄てられたのだ」という痛みが
沖縄の人たちがいちばんわかるんじゃないかな、、、

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●2012年1月14〜15日 脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA 
詳細は http://npfree.jp/
ブース出展します!署名&フラッグ集め、グッズ販売します。

☆詳細はこちらの活動予定をごらんください。
http://www.sdcc.jp/plan/09-plan.html
 

 


●SDCC制作の人気動画「沖縄のジュゴン」 
沖縄ジュゴンのことを広く知ってもらうためのアニメです。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=-htxNd5EQR0&feature=channel_page
 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC) 
TEL/FAX  03-5228-1377 (東京事務所)

  URL     http://www.sdcc.jp
EーMAIL   info@sdcc.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。