今中哲二講演会「放射能汚染調査から見た福島とチェルノブイリ」

 ■□■市民社会フォーラム協賛企画■□■
非核の政府を求める兵庫の会 第26回総会記念講演
 放射能汚染調査から見た福島とチェルノブイリ

日 時 2012年2月19日(日)14:30~16:30
会 場 生田文化会館大ホール(神戸市)
講 師 京都大学原子炉研究所  今中 哲二 さん
参加費無料 どなたでもご参加できます。

311福島原発事故と86年のチェルノブイリ原発事故、
この二つの事故後に現地調査をされた今中哲二さんに、
原子力発電の危険性と放射線汚染の状況について、講演いただきます。

お問い合わせは、非核の政府を求める兵庫の会事務局 
 電話 078-393-1833 e-mail shin-ok@doc-net.or.jpまで

協賛:市民社会フォーラム

今中 哲二(いまなか・てつじ)さん
 1950年生まれ、広島市出身。専門は原子力工学。
大学院時代より原子力開発の在り方に疑問をもちはじめ、原発を推進するためではなく、
原発利用にともなうデメリットを明らかにする研究に従事。
広島・長崎原発による放射線被曝量の評価、チェルノブイリ原発事故の影響解明、
セミパラチンスク核実験場での放射能汚染調査などを行っている。
『原発を終わらせる』(石橋克彦編、岩波新書、2011)に「原発事故の災害規模」を執筆。

【会場アクセス】生田文化会館
http://www.kobe-bunka.jp/facilities/ikuta/map.html
神戸市営地下鉄「県庁前駅」西3番出口徒歩約5分
JR「元町駅」西改札徒歩約10分
阪神電車「元町駅」西改札口北出口徒歩約10分
神戸高速「花隈駅」東改札口徒歩約10分
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。