PSR:Phisycians for Social Responsibility (社会的責任を持つ物理学者達)声明

皆さんビッグニュースです。
水俣病の写真を撮り続けたユージンスミス夫人のアイリーンさんがフクロウの会ブログ記事
を英語で発信して、アメリカの団体が動き出しました。
PSR:Phisycians for Social Responsibility (社会的責任を持つ物理学者達)が4月29日声明を出しました。
政府参与の子佐古(東大、放射線安全学)の辞任もそうです。
私たちの運動は間違いなく社会に影響を与えています。皆で頑張りましょう。

April 29, 2011
PSR Statement on the Increase of Allowable Dose of Ionizing Radiation
to Children in Fukushima Prefecture

福島県の子どもたちへの放射線被ばく許容量の引き上げに対するPSRの声明

It is the consensus of the medical and scientific community, summarized in
the US National Academies’ National Research Council report Biological
Effects of Ionizing Radiation VII (BEIR VII report,
http://www.nap.edu/openbook.php?isbn=030909156X), that there is no safe
level of radiation.

医療と科学の共同体での合意は放射線には安全なしきい値というのは無いということである。

Any exposure, including exposure to naturally occurring background
radiation, creates an increased risk of cancer.
自然界の放射線も含め、どんな被ばくもガンのリスクを高める。

Moreover, not all people exposed to radiation are affected equally.
Children are much more vulnerable than adults to the effects of radiation,
and fetuses are even more vulnerable.
子どもたちは放射線の影響に大人よりも大変敏感である。

It is unconscionable to increase the allowable dose for children to 20
millisieverts (mSv).
子どもたちへの20ミリシーベルトの許容は非良心的だ。

Twenty mSv exposes an adult to a one in 500 risk of getting cancer; this
dose for children exposes them to a 1 in 200 risk of getting cancer.

大人への20ミリシーベルトの被ばくは500分の1でガンになるリスクである。この被ばくは子どもたちには200分の1でガンになるリスクである。

And if they are exposed to this dose for two years, the risk is 1 in 100.
There is no way that this level of exposure can be considered "safe" for
children.
これが2年続けばリスクは100分の1だ。このレベルの被ばくが子どもたちにとって”安全"だとはけっして言えない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。