3・10CBD市民ネット・院内集会・記者会見のお知らせ

3・10CBD市民ネット・院内集会・記者会見のお知らせ

2010年10月に開催されたCOP10へ向けて立ち上がった生物多様性条約市民ネットワーク。
生物多様性のホットスポットと言われる上関・高江への工事強行をくい止め、生物多様性の損失をふせぐため、緊急に院内集会・記者会見が行われる事となりました。取り急ぎ、お知らせします。


院内集会・記者会見のお知らせ
2011年3月4日11時版

生物多様性条約市民ネットワーク
(CBD市民ネット)

「愛知ターゲット」の実現を阻む
上関・原子力発電所、高江・米軍ヘリパッド、
工事中止と計画見直しを求める!

 昨年10月、名古屋で「生物多様性条約第10回締約国会議(CBD・COP10)」が開催され、議長の松本龍環境大臣のもとで「愛知ターゲット」が採択されました。「愛知ターゲット」は、2020年までの目標として「生物多様性の損失を止めるために効果的かつ緊急な行動を実施すること」を掲げています。これを強力に推進するため議長国である日本政府は、2011年から2020年までを「国連生物多様性の10年」とする市民提言を受け政府案として提案し、国連で採択されています。日本政府および国民は、率先してこの「愛知ターゲット」を実現し、地球の生物多様性を保全し持続可能な利用を図る国際的な責任があります。
 しかしながら、現在、愛知ターゲットの実現を阻む象徴的な2つの「事件」が起きています。山口県上関町田浦では中国電力による原発予定地埋立工事、沖縄県東村高江では防衛省による米軍ヘリパッド建設工事が、計画の見直しを求める地域住民の声を無視し、大勢の作業員を動員して住民を威圧しながら強行されています。
これらの地域は、ともに多くの固有種や希少種が生育・生息する生物多様性のホット・スポットであり、保全されなければならない重要な自然環境、野生生物の生息地です。生物多様性の損失を食い止めるという「愛知ターゲット」実現のためには、工事の中止と計画の見直しが必要です。
 私たち「生物多様性条約市民ネットワーク」は、上記の問題に関する緊急の院内集会・記者会見を、下記のとおり開催します。
 皆さまのご参加、ご取材をお願いいたします。

日 時:2011年3月10日(木)12時~13時
会 場: 参議院議員会館 B-105会議室
主 催:生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)
内 容:1.上関・高江からの報告
2.CBD市民ネットの緊急声明
3.国会議員からの発言
4.質疑応答

生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)とは…
CBD・COP10に向けて設立された生物多様性条約に関わる日本の市民社会組織のネットワーク。有効な決議の採択を目指し、政府代表団へのロビング、国外NGOとの連携、ブース展示やフォーラムの開催などを行う。

〒460-0003名古屋市中村区錦2-4-3 錦パークビル4階 環境省中部環境パートナーシップオフィス内
Tel. 080-6976-4005 Fax. 052-218-8606
Email. jcnforcbd@gmail.comhttp://www.cbdnet.jp/

■お問合せ: CBD市民ネット運営委員
 花輪伸一(WWFジャパン)090-2452-8555
 原野好正(バイオダイバーシティ・インフォメーション・ボックス)090-8471-1072
 川廷昌弘(CBD市民ネット普及啓発作業部会長)080-1319-1559
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。