国際環境NGOグリーンピースのメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「石油の時代を超えて」持続可能な自然エネルギーへの移行を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「目で見て感じる環境問題とグリーンピース」第5週目は、
膨大な二酸化炭素を排出する石油や石炭などの化石燃料から、
持続可能な自然エネルギーへの移行を訴えたアニメーション
「石油の時代を超えて——Go beyond oil」。
http://www.greenpeace.org/japan/?20110209gv

現在、私たちが使う日本の一次エネルギーの8割が化石燃料から供給されています。
私たちは最後の一滴の石油を使い切るまで、
石油依存の歴史を変えることはできないのでしょうか?

2010年4月20日、メキシコ湾でBP社の原油掘削基地で大規模な爆発事故が発生。
3カ月間も原油の流出が続き、まさに米国史上最悪の原油流出事故となりました。

また、いま北極では温暖化の影響で氷河が後退した海域で、
新たに石油の掘削が始まろうとしており、
環境だけでなく地域住民への深刻な影響が懸念されています。

これ以上、悲劇を繰り返さないために、危険なエネルギー資源の開発をやめ、
風力や太陽光など持続可能な自然エネルギーへの移行を求めて、
グリーンピースは活動を続けています。

いまこそ石油の歴史に終止符を打ち、その先へ。
「石油の時代を超えて——Go beyond oil」。
ぜひご覧ください。
http://www.greenpeace.org/japan/?20110209gv

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[VICTORY]世界第2位のパーム油会社が、森林破壊ストップを約束!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/33264?20110210gv

絶滅が危惧されるオランウータンをはじめ、
たくさんの動植物が生息するインドネシアの熱帯雨林。

グリーンピースは2007年12月から、
インドネシア最大にして世界第2位のパーム油会社シナール・マス社に対し、
熱帯雨林や泥炭地を破壊しない方法で事業を行うよう働きかけを続けてきました。

そしてついに昨日(2011年2月9日)、同社のパーム油部門を担当しているGAR社が、
森林破壊をこれ以上行わない方針を打ち出しました!

☆一体どのようにして、巨大パーム油会社を動かしたのか?

☆ユニリーバ、ネスレ、バーガーキングなどの関連会社に対して行った働きかけとは?

☆そして、2月9日に発表されたGAR社の新しい森林保護方針とは?

詳しくはこちらへ!
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/33264?20110210gv


当初は、その操規模の大きさや利害関係の複雑さから「不可能」と言われたGAR社の方針転換。
この画期的な成果は、サポーターをはじめとするみなさん一人ひとりのご協力のおかげです。
今後とも、温かいご支援をよろしくお願いいたします。
http://www.greenpeace.org/japan/donate/?20110210gv
 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。