『訴え』・・・全国の人に広めて下さい・・転送大歓迎・・

 2年ほど前から私達は、原発問題を学習し始めました。
月刊誌「DAYS」で祝い島の闘いを知り、現地を訪問。原発廃棄物処理問題浮上時、

高知県大月町で京大の小出先生のお話を聞いたり、広瀬氏の「東京原発」や著書を
読んだりしていました。

 その頃、田辺氏と出会い原発の映画「いきてるうちが花なのよ!死んだらそれまでよ党宣言」
の上映を持ちかけられました。

 上映と共にシンポジュウムも計画(窪川原発を止めた農民・島岡氏、、取材の中本氏、


原発内労働者を初めて撮影した樋口氏、彼のルポをリアルに映画化した森崎監督の4人


の参加)。
 2010年9月4日愛宕劇場で200人余の参加をえて成功、感動を与えました。
シンポジュウムでは、樋口氏は40年来被曝労働問題に取り組んでいると強く訴えられました。

著書にも実体化がルポされています。
人間の問題だとの訴えに映画上映後、私達にできることは「署名」だと考え、樋口氏、


反原発新聞の西尾氏の協力を得て署名を作成しました。

 電力会社と国は「原発が必要」とマスコミやPR館、学校を通して宣伝をしています。


しかし、この署名の内容を知ると、「原発は被曝労働者を生み出しているので不要」との答が
出てきます。

コンピュータのみで原発は動かないのです。
原発を海外へ売り出し、被曝者を増やさせてはなりません。

署名を拡げてください。お願いします。原発を止めましょう。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。