日本政府の沖縄差別 国連勧告 

2010年2月
http://www2.ohchr.org/english/bodies/cerd/cerds76.htm
 
Consideration of reports submitted by states parties under article 9 of the Convention
Concluding observations of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
Japan

国連人種差別撤廃委員会 第76回会議 2010年2月15日—2010年3月12日
人種差別撤廃条約第9条に照らして各国から提出された報告への審査
人種差別撤廃に関する委員会の審査結果 — 日本

(CERD/C/JPN/CO/6)

21.   While highlighting that UNESCO has recognized a number of Ryukyu languages (2009), as well as the Okinawans’unique ethnicity, history, culture and traditions, the Committee regrets the approach of the State party to accord due recognition to Okinawa’s distinctness and expresses its concern about the persistent discrimination suffered by the people of Okinawa.

ユネスコが沖縄の特異な民族性、歴史、文化、伝統、並びに幾つかの琉球言語を確認した(2009)ことを強調し、同委員会は、沖縄の独自性を正当に容認するための日本政府のアプローチを遺憾とし、沖縄の人々が受けている、今なお変わらずに存続する差別についての懸念を表明する。

It further reiterates the analysis of the Special rapporteur on contemporary forms of racism that the disproportionate concentration of military bases on Okinawa has a negative impact on residents’ enjoyment of economic, social and cultural rights (art. 2, 5).

さらに、軍事基地が他とは不釣り合いなまでに沖縄に集中してることが、その住民の持つ経済的・社会的・文化的な権利に悪い影響を与えている、人種差別の現代的な型に関する特別報告への分析を繰り返す。

The Committee encourages the State party to engage in wide consultations with Okinawan representatives with a view to monitoring discrimination suffered by the Okinawans, in order to promote their rights and establish appropriate protection measures and policies.        

同委員会は、
沖縄の人々の権利を促進し適切な保護措置と政策を確立するため、彼らが受けている差別を調べる目的で沖縄の代表と幅広い協議に取り組むよう、日本政府に勧告する。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。