※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Crutch, Meet Crotch: 松葉杖が直撃

http://www.darwinawards.com/darwin/darwin2007-07.html から翻訳
2009年ダーウィン賞ノミネート
ダーウィンが真実を確認

(2007年11月ロシア)ある晩、エドゥアルドは、30歳の体が不自由な男性のアパートに忍び込んだ。男性は静かに眠っており、エドゥアルドはすみやかに貴重品を漁った。エドゥアルドが逃げる用意をしていると、突然、男性が目を覚ました。

「目を疑ったよ!暴漢の黒い影がナイトテーブルの横に立っていたんだから!」強盗の被害者は回想する。「私は叫んだ。すると相手は、無防備な私に拳で襲いかかってきた!選択の余地はない。私は松葉杖で足の間を打ち付けると、奴は窓の外へ飛び出した。1階に住んでいたからよかったよ、落ちて死ぬことはなかった。」

「私は彼のズボンから落ちたものが何なのか最初わからなかった。近づいて見て、私はそれが睾丸、男の睾丸だとわかった!私は冷たい水にそれを入れて、急いで電話した。」 体の不自由な男性は救急サービスに数回かけたが、「私が強盗のタマをそぎ落としたというと、医者は信じちゃあくれなかった!」

30分後、血だらけの泥棒は、通行人に発見され、警察に通報された。「男が歩道に横たわっていて意識が無かった。」警察の捜査官は述べた。「医療班が回復させると、奴は『俺のタマを返してくれ!』と叫び出した。」

エドゥアルドの性器は損傷が大きく、壊疽を防ぐために医師は陰嚢をまるごと切除しなければならなかった。病院で、強盗は彼の被害者に対する訴状を提出した。「俺は決して許さない!」


読者コメント:
"That'll fix him."
"Crotchety old man."
"Something is missing..."
"How's it hangin'? Oh... sorry, man."
"In a really high-pitched voice: 'OH MY GOD!'"

DarwinAwards.com © 1994 - 2009
Submitted by: Mike Shurkin
Reference: cripo.com.ua

コメント: