※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Muffled Explosion: ブエノスアイレスの妻投げ

http://www.darwinawards.com/darwin/darwin1998-01.html から翻訳
1998年ダーウィン賞受賞
ダーウィンが真実を確認

(1998年、ブエノスアイレス)
彼は議論に勝ったのだろうか?これは、1998年2月労働者階級のボエド地区で起こった。加熱した夫婦喧嘩の最中、25歳の男は20歳の妻をつかんで、8階建てのマンションのバルコニーから彼女を投げ出した。

彼は狼狽したことだろう、彼女は下の電線にひっかかってしまった。彼はすぐにバルコニーから飛び降り彼の妻に向かって落ちた。私たちは、彼の行動の理由を推測することしかできない。彼は怒ってとどめを刺そうとしたのか? それとも彼は後悔して彼女を救いたいと思ったのか? 彼はどちらの目標も達成しなかった。彼は完全に電線を外し、まっさかさまに死に向かった。

女性は、近くのバルコニーに飛び移ることができ救出された。



(1999 年5月18日、パナマシティ)
似たような話では、ドミニカの女性が、彼女を3階のバルコニーからほうり投げたボーイフレンドに、彼をつかんで一緒に落ちることで死の復讐を果たした。マリア・メンデス、32歳は落ちてすぐに死亡した。彼女のボーイフレンド、ルイス・アルベルト・カマルゴは、近くの病院に運ばれて深刻な状態。

近所の人によると、火曜日の早朝、カマルゴ (30)が地元のバーでメンデスを発見した後に口論があった。二人はアパートに戻り2人のアパートに戻り、辛辣な言葉を投げ付けあったのち、致命的な落下へと至った。

DarwinAwards.com © 1994 - 2009
Submitted by Jim Stacy, Jim McNeese, Aaron, Jim Bloemker, Michael Campbell, Joseph Good, Shelly Keller, Ed

コメント: