CWCRPG Wiki 戦士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦士 Function of Ace attacker

体力に優れ、あらゆる武器の使用に長けた職業です。
他に類を見ない物理攻撃力を持ち、先頭に立って戦い、仲間を守る力強さを持っています。
体値10以上で11クリティカル
物を壊す等の判定時に+2のボーナス
初期装備:ロングソード(AT4)
オススメ装備
 ■近接武器
    メイルブレイカー (AT3) ---命中+2 攻撃力こそ低めだが技の低い初期はかなりの安心感を与えてくれるだろう。そして安い!
    ドワヴィッシュアックス (AT5) ---魔力持ち。ミスリルソードと同等の性能を半値以下で手に入れられる! ドワーフ戦士にどうぞ。
    グレートソード (AT5) ---両手剣だけに命中力も回避力も下がってしまうが片手剣より安価でこの威力。改造に掛かる費用が安く済むのが魅力だ。
    ドゥームブレード (AT6) ---オリハルコンソードの半額で攻撃力6点は大きい。改造費用もオリハルコンソードにくらべれば断然安い!
    オリハルコンソード (AT6) ---最高クラスの威力を持つ片手剣。その分価格も半端じゃないが。いつかは手にしたい武器。
 ■遠距離武器
   ロングボウ(AT4) ---この武器を得て始めて行動の幅が広がる。なるべく早く欲しい。
    エルヴンロングボウ (AT5) ---エルフなら是非持っておきたい武器。
 ■投石武器
    ヘヴィスリング (AT5) ---安価で攻撃力5点の遠距離攻撃は魅力的。
   ブラッドアンカー(AT5) ---戦士向け遠距離武器で唯一の魔力持ち武器である。価格的に優先順位はかなり低いが持っておくと心強い。
 ■篭手
    パワーグローブ ---近接攻撃の専門家としては持ちたい存在、一種のステータスでもある。
 ■指輪
    ウォールリング ---体や技が重要なために心が伸び悩みやすく魔法に弱くなってしまう戦士として、余裕があったら欲しい指輪。魔法強度ダウンも戦士なら影響薄。

種族別初期能力値

種族
人間 5 5 7
エルフ 7 5 4
ドワーフ 3 5 9
小人 4 7 5
獣人 5 2 9

キャラメイク

 親父 :「戦士と言えば、その力強さを基本にした動きが求められるな。
      …えっと、誰か! この新人に何か教えてやってくれないか?」
 アドル:「では、僕でよければ」
 親父 :「お、アドルか。 じゃあよろしく頼むな」
 アドル:「戦士になりたいんですね?
      まずは上記の種族別初期能力値を見てください。
      ルールブックにある種族能力値に、戦士用ボーナスの体+2が入れてある数値が、それです。
      ここから、さらに5ポイントを任意に振り分けることが可能ですよ」
 親父 :「それだけじゃ何に振ればいいのか、わからないんだろう」
 アドル:「そうですね…。
      戦士の場合は、パーティを守らなくてはならないので
      少しでもHPを伸ばすために、体に振る。
      もしくは、技に振って、命中や回避能力をあげる、と言う選択肢があります」
 親父 :「そうだな。
      一口に戦士と言っても、前衛として働く重戦士タイプと
      後方からロングボウで射撃していく狩人タイプなど
      様々なスタイルがあるからな」
 アドル:「ですね。
      でも、まず、基本的に前衛に立つのは戦士の仕事なので
      ある程度の命中値を確保できれば、体に振るのがいいと思います」
 親父 :「うむ、体の値が10になっていれば、命中ダイスを振った時に
      11の出目でクリティカル、と言った戦士特有の技能もあるしな」
 アドル:「それに、パーティ内に魔術師の人がいれば、命中・回避をサポートする
      韋駄天<クィックネス>の魔法を貰えるかもしれませんし」  
 親父 :「うむ。 根本的に依頼は、複数のメンバーが集まっての、パーティプレイだ。
      その用にサポートしあうのが大事だな。
      戦士はただ戦い、敵を倒す事を考えるだけじゃなく
      他の人を守ったりして、助け合っていく事も大事だ」
 アドル:「……あはは、親父さんがそんな風に言うと、少し難しい職業に聞こえてしまいますが
      大丈夫ですよ。考えるのが苦手なら、他の人に意見を求める事が出来ますし」
 親父 :「そうだな、すまんすまん。
      あとは…そうだな、武器についてを少し教えてやってくれないか」
 アドル:「戦士が初期装備として持っているのはAT4の近接武器です。
      ルールブックではロングソードと書かれていますが、名称だけなら変更することが可能です。
      例えば、斧を持っている事にしたいなら、バトルアックス
      槍を持っている事にしたいなら、スピアー
      そんな感じで、そこは自分のイメージに合う物を選択してください」
 親父 :「戦士についての補足はこんな感じだ」
 アドル:「ええ。僕もまだまだ修行中の身ですし、完璧にフォローできたかわかりません。
      何か解らない事があったらGMや他のメンバーに聞いてくださいね」  
 親父 :「なあゴー、お前は今まで冒険者やってて何か不満とか無かったか?」
 ゴー :「突然そんなこと言われても困るんだが……最初から順を追って話してくれ」
 親父 :「いやな、この間若い戦士が愚痴をこぼしてたもんだから、ちょっとお前の話を聞いてみたくてな」
 ゴー :(飯を食いながら話の続きを待つ)
 親父 :「戦士は斬って斬られる他は何にも出来ないから、実は自分は役に立ってないんじゃないかって、な」
 ゴー :「だったらそいつに質問してみな、どうして山賊なんかで魔法使いや聖職者だけの集団が一つも無いのか」
 親父 :「というと?」
 ゴー :「戦い続けることにかけて、戦士を上回る奴は居ないってことがそいつは分かってないんだよ」
 親父 :「戦うじゃなくて戦い続ける、か」
 ゴー :「俺達戦士は剣で斬りつけるだけで相手を攻撃できるだろ? そして死ぬまで剣を振るい続けられる」
 親父 :「魔術師や聖職者と違って精神力に依存しないってことだな」
 ゴー :「特技を使いたかったら精神力も鍛えないと話にならないが、その話はある程度経験を積んでからだ」
 親父 :「派手さは無いが攻撃の要ってことか」
 ゴー :「後はそうだな……親父が覚えてる冒険者で一番死んでるのは、戦士じゃないか?」
 親父 :「その通りだが、それがどうしたんだ?」
 ゴー :「忘れちゃいけないのは、そいつらが死んだのは、後ろの仲間を守るためだったってことだ」
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|