CWCRPG Wiki セッションデータ > 闘技場にポエムは響く

2011年02月19日開催 「闘技場にポエムは響く」

■参加キャラクター
名前 プレイヤー 職業 武器 備考
ミンティア リクト 魔術師 11 7 7 隠者の杖 AT1 →エルネスティ:保護者
→ミリア:忘却
→スティアン:慕情
ミリア kait 盗賊 7 14 7 ファングダガー AT3 →ミンティア・エルネスティ:友人
→スティアン:頼れるおにーさん的な何か
エルネスティ 環菜 魔戦士 5 10 7 家紋入りの剣 AT4 →ミンティア・ミリア:保護
→スティアン:一目置いてる
スティアン Skjold 聖戦士 7 8 12 白き調停者の鋼氷龍剣 AT4 →ミンティア:ヘレナに似てるけど全然違う
→ミリア:身のこなしに関心
→エルネスティ:折角可愛いのにモリモリマッチョ
■友好NPC
  • 宿の亭主 ---親父
  • 給仕の娘 ---宿娘
  • ロセ ---今回傭兵に雇われたラインハート応援団のRS聖職者。女性。本当はローズとかそういう名前。危うく名前が「ああああ」になるところだった。
  • マリウス ---応援に来た。
  • ルーナー ---観戦に来た。
  • ナルジャン姫 ---チームモンゴルアアとして出ようとしたが、フリスカが居ないため出れなかった。
  • アルバン ---遅れて登場。観戦に来た。
  • ミッハリー ---40年見張り台に立った退役兵。71歳。なんとか精霊使いDを見つけた。
  • チェルシー ---闘技場にこっそりニュークリアトラップをしかけておいた。試合終了後の宿でも登場。
  • マチルダ ---観戦に来た。
■敵対NPC
ラ・ノーブルボンボーンズ
  • イツケール ---イツケール伯爵家の御曹司で、決め台詞は「お父様にいいつけてやる!」。
  • ナノレツスト ---ボンジュール髭の長身の男。リューン一の自分大好き人間で対人最強技能「詩の朗読」を使う。光の精霊で後光を再現する精霊使い。大会には遅刻して、2回戦から参加。
  • ナイト ---現役の騎士。1回戦目は相手が弱すぎるため、不参加。ダメージを軽減する能力持ち。
  • イエガラー ---家柄しか取り柄のない21歳。将来伯爵になるかもしれない。
  • マザッコン ---お母さんがいないと何もできない22歳。
チーム・モブズ
  • 戦士A
  • 盗賊B
  • 聖職者C
  • 魔術師E
  • 精霊使いShes ---地味。
  • 黒い影 ---精霊使いD。地味。
ヒョロッチーノ隊
クローゲル鉄装騎隊
  • クローゲル男爵 ---鉄装騎隊のリーダー。黒髪に黒ひげ、40歳くらいのダンディ。ネーミングセンスのない剣からは禍々しいオーラが出ている。
カマセドッグズ
ふぁなてぃっく・ふぁいぶ!
  • リック
  • ソーリョン ---聖職者。
  • ラペツ ---魔戦士。
  • アッチャ
  • サー
エリゴ兄弟と仲間達
  • 兄エリゴ ---黄金色の三叉矛を使う。でも今回は冷凍マグロで戦います。
  • 弟エリゴ ---短剣二刀流を得意とする。サンマでも戦える・・・?
  • 闘士 ---3人いる。
■地理
■建物・名称
  • 片角の牡鹿亭 ---今回はリューンの郊外にある。未来には、人類を絶滅させ星を支配しようとするエイリアンの進行が、ここから始まる。
■イベント
  • PC間の関係決定ダイスで殺意を引く。振り直しも主人で、更に振り直し。
  • ラグの為サーバ切り換え。
  • 昨日までに死んだ人間の数が99822人と判明。
  • 闘技場から10年振りに貼り紙が来る。
  • ミンティアの分析によると、ベスト8までは行ける。(出場は8チーム)
  • 今回雇える傭兵は特別なやつだ!
  • ラファエロが心1点成長。
  • パーティー名決定はスティアンの指名もダイスもミンティア!
  • 1回戦から優勝候補と当たる。
  • サンマが人質として機能した。
  • 魔法の矢の呪文は色々あった!?
  • チーム・モブズが6人で参加して反則負けになる。
  • スティアンがニュークリアトラップにかかる。1点ダメージ。
  • ロセが萌えキャラと判明。
  • まさかの眠りの雲でクリティカル。
  • 殴って起こすのが数少ない光の精霊の出番。
  • 試合が終わって、気づいたら宿にいた。
■報酬
  • 2000sp ---大会の賞金。
■クーポン
  • 「リューン闘技場の有名人」+1
  • 「ナノレツストを倒す」+1
名前:
コメント:

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|