店内配置-DS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、店内(駐車場とかも含む)配置について
ヒントになるかもしれないことを書いています。



何でも屋にしない

商品数が多く、最初から全部は置けませんが、
無理をしてたくさん置いたら置いただけ
デメリットのほうが多くなります。
売れるものを多く置き、売れないものはさっさと撤去。鉄則です。


最低小さい棚1個分の通路幅を確保する

上の続きのようなものですが、棚半分の通路幅では人が詰まり、
クレームが発生して店員パラメータが上がらない原因の一つになります。
いろいろ置きたくても我慢して、棚1個分くらいは空けてあげましょう。


単価の安いものは置かない

100円台前半のおにぎりを10個売るよりも、洋酒を2個売ったほうが
利益は大きく、他の商品目当ての顧客にも来客数を割り振れます。
客の来店数も限界があることから、安物はできる限り避けたほうがよいでしょう。


野菜と果物など

こういった組み合わせは棚を隣同士にするなど、
近くに置いておくことにより、「ついで買い」を狙えます。
客層を考慮し、最大限の買い物をするよう仕向けましょう。


隙間に内装を

内装は清掃を重視すると良いでしょう。
店内が汚れれば、利益源であるレジに時間を割けません。
清掃が100になれば店員が清掃に時間をかける必要がなくなり、
レジに専念できるようになります。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。