SEO対策:パソコン

メニュー

必要なもの

パーツ

パーツの購入

組み立て

トラブル

セットアップ

周辺機器

ツール

静音化

代理店リンク

ニュースサイト

パーツショップ

ソフマップ・ドットコム

パソコン工房

ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

ディスプレイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディスプレイ

ディスプレイはモニタとも言い、パソコン内部のデータを人間に分かる形で画面に表示するもの。
サーバ機の場合は、メンテナンスや設定時以外は必要ないがそれ以外の場合は必須となる。
表示方式
表示方式にはブラウン管と液晶がある。
現在は一部の分野を除き、殆どが液晶に置き換わっている。
  • 液晶
    • 利点
薄型なので場所を取らない。省電力。低コスト。
    • 欠点
応答速度が遅い。視野角が狭い。コントラスト比が低い。
  • ブラウン管
    • 利点
応答速度が速い。色再現性が良い。
    • 欠点
重い。場所を取る。消費電力が多い。
画面サイズ
画面サイズとはディスプレイの対角線を測った長さで、インチで表される。
解像度
ここで言う解像度とは、dpiではなく単に縦と横の画素数のこと。
同じ画面サイズで解像度が大きくなれば、表示される要素の大きさ(dpi)は小さくなる。
アクペクト比
アスペクト比とは、ディスプレイの縦と横の長さの比で
スクエア型では4:3、ワイド型では16:10、テレビ視聴対応のものは16:9である。
テレビ視聴対応のアスペクト比が異なるのは、ワイド型では画面上下に黒帯が表示されてしまうため。
駆動方式
駆動方式とは液晶ディスプレイで液晶を電圧を掛け表示するための方式。下の3つがある。

応答速度
視野角
最大輝度
コントラス比
入力端子
マルチディスプレイ

Powered by fun9.net