SEO対策:パソコン

メニュー

必要なもの

パーツ

パーツの購入

組み立て

トラブル

セットアップ

周辺機器

ツール

静音化

代理店リンク

ニュースサイト

パーツショップ

ソフマップ・ドットコム

パソコン工房

ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

マザーボード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マザーボード

マザーボードとはパソコンを構成する最も大きなパーツで、
ソケットに各種パーツを取り付け、パーツ間の橋渡しをする。

LGA775のマザーボード。一番右に4本見えるのがメモリスロット、真ん中がCPUソケット。

規格

マザーボードのサイズや取り付けネジ穴の位置などの規格を フォームファクタ という。
現在のマザーボードは殆どがインテルが提唱したATXという規格。

  • ATX
305mm x 244mmのマザーボード。
拡張性が良いので自作PCではよく使われる。
ケースの対応サイズと合わせることが必要。
  • Micro-ATX
244mm x 244mmの正方形のマザーボード。
ATXより一回り小さく、小型のPCによく使われる。拡張性はATXより劣る。

構成

チップセット
マザーボード上の集積回路で、多くのマザーボードは2カ所にチップセットを持ち
CPUに近い方をノースブリッジ、遠い方をサウスブリッジという。
マザーボードの機能はチップセットで決まり、対応するCPU(メーカー)も異なる。
このためパーツを選ぶ際はマザーボードから選んだ方が他のパーツを選びやすい。

チップセットに対応するCPUのメーカーはインテルとAMDがあり、双方に互換性はない。

マザーボード上のノースブリッジ。ヒートシンクがあるのでチップ自体は見えない。
  • チップセットのメーカー
    • インテル
    • AMD
    • NVIDIA
    • VIA
    • ATI
    • SiS
インテルは自社のCPUのチップセットのみを製造しているが、
他のメーカーはインテル・AMD両方のCPU用のチップセットを製造しているので購入時に注意。
マザーボードのメーカー
現在販売されているマザーボードは殆どが台湾製。
主なメーカーを以下に挙げる。
  • ASUSTeK
  • GIGABYTE
  • MSI
とりあえずこの3社であれば品質も安定しているので無難。
メモリスロット
メモリを刺すためのスロットで、2~6本ある。
マザーボードによって対応するメモリの種類も異なる。詳しくはメモリの項で解説。
CPUソケット
CPUを刺すためのソケットで、インテルのCPUは接点となるピンがCPU側に無いためマザーボード側にピンがある。
AMDのCPUはCPU側にピンがあるためマザーボード上にはない。
マザーボード上のピンはとても繊細なので曲げたり、折ったりしないよう細心の注意が必要。

マザーボード上のLGA775ソケット。ピンは繊細なので絶対に触ってはいけない。
PCIスロット
各種拡張カードを刺す為のスロットで、PCIスロットとPCI-Expressスロットがある。
PCIスロットは従来からあるものでPCI-Expressは転送帯域を増やしたもの。
ビデオカードはPCI-Expressスロットに取り付ける。
最近のマザーボードではPCIスロットが削減され、1本ないしは2本の物が多くなっている。
SATAコネクタ
SATA接続のハードディスクや光学ドライブのケーブルを接続するためのコネクタ。
IDEコネクタ
パラレルATA接続のハードディスクや光学ドライブのケーブルを接続するためのコネクタ。
I/Oポート
マザーボードからケース背面に出ている、各種入出力端子がある部分のこと。
  • オーディオジャック
オンボードでオーディオデバイスがあるマザーボードについている。
最近では5.1chサラウンド対応で端子を複数備えた物が多い。
  • USBコネクタ
USB機器を接続するためのコネクタ。
マザーボードによって数が異なるが、多いものでは8個程度ある。
  • PS/2コネクタ
PS/2規格のキーボードとマウスを接続するためのコネクタ。
紫がキーボード用で緑がマウス用。
  • RS-232C
シリアル接続のプリンタなどを接続するコネクタで、現在では殆ど使われないので省略される場合が多い。
  • LANコネクタ
LANケーブルを接続するためのコネクタ。1~2個備えたマザーボードが多い。
  • IEEE 1394コネクタ
IEEE 1394規格の機器を接続するためのコネクタ。FireWire、i.LINK、DV端子とも言う。
電源コネクタ
マザーボード上には多数の電源コネクタがあり、正しく接続する必要がある。
  • ATX電源コネクタ
マザーボードへ電力を供給するための24ピンのコネクタでこれを挿さないと動作しない。
  • CPU補助電源コネクタ
CPUに電力を供給するための4ピンのコネクタで、マザーボードが対応するCPUのメーカーによって形状が異なる。
最近の電源であれば、両方のコネクタを備えている。コネクタの形状が違うので挿し間違えることがないようになっている。
  • 3/4ピンコネクタ
CPUクーラーに電源を供給するためのコネクタで、数カ所にあるマザーボードもある。
CPUにクーラーに限らず、ケースファンなど他のファンへの供給も可能。

4ピンコネクタはパルスによるPWM制御でファンの回転数を可変することに対応したコネクタである。
  • 4ピンベリフェラルコネクタ
CD-ROMドライブなどに電源を供給するためのコネクタ。その他ファンなどにも使う。

マザーボード上の電源コネクタ。
左の小さい物がCPUの補助電源コネクタ。右の大きい物がマザーボードに電源を供給するメインのコネクタ。

コンデンサ
マザーボード上に搭載される、回路のノイズを取り除き安定に動作させるためのもの。
電解コンデンサと、耐久性に優れた固体コンデンサがあり。最近は固体コンデンサが使用されることが多くなっている。
日本製のコンデンサは電解、固体問わず高品質なため、これを売りにした製品もある。

マザーボード上のコンデンサ群。円柱形のもの。
オンボード
マザーボード上に予め装備されている機能のこと。
サウンドカードやビデオカードがオンボードである物は、別途取り付ける必要がない。

ビデオカードがオンボードのチップセット
  • インテルのGから始まるシリーズ
  • NVIDIAのGeforce、ATI、AMDの一部

また最近のIntel core iシリーズの一部やAMDのA・Eシリーズではグラフィック機能がCPUに統合されているため、
グラフィック出力対応マザーボードとの組み合わせでは別途ビデオカードを用意しなくても出力が可能である。
付属品
大抵のマザーボードにはSATAケーブルやIDEケーブルが付属しているが、
付属していなかったり、本数が足りないこともあるのでその際は別途購入が必要になる。

選ぶ際のポイント

まずはケースに取り付け可能か、次に対応しているメモリ・CPUである。
PCIスロットの数と配置もこれでその後の拡張性が決まってくる。
マザーボードだけで画面出力したい場合はビデオカードがオンボードであるかも重要。
オーディオは、殆どのマザーボードにオンボードで備わっているので特に気にする必要はない。

あとはI/OポートのUSBコネクタの数、LANの有無など。

Powered by fun9.net