※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…というわけで、ユーリも協力する。…よな?」
協力する…までよそ見をしておき、よな?で振り返るスマ。
ユーリはしばらく考え、応えた。
「よし。やるよ」
「本当か!?」
「ああ。どうせ断ってもきかないだろ」
よっしゃよっしゃ、と喜ぶスマ。
よほど協力者に飢えていたのだろうか。
ユーリはしみじみ言った。
「それにお前と同じで、俺もなんだか空が見てみたい」
「協力者があと一人必要だ」
「お前は本当に話を聞かないな…」



で、その協力者を探し求めやってきたのがここ。
「空研部…?」
文化部用の部室のひとつ。
たしかに表札には『空研部』とある。
「なんだここは」
ユーリが質問する。
「何って、空研部」
「それは見たらわかる。何の部活なんだ」
「空の研究。まあ正確には地上へ出るために『フロンティア』を脱出する研究」
また物騒な…、とユーリは思う。
「お前は部員?」
「いんや。この部は噂で知った」
「じゃ、何で」
「協力者が必要だからだよ」

コンコン、と扉をノックするスマ。
「……」
返事がない。ただのしかばねのようだ。
「…どうすんだ」
「電気付いてる。鍵開いてる。誰かいるんだろ。開けてみようぜ」
ドアノブを握るスマ。
オイオイ、とユーリが止めるも、
「大丈夫。ご丁寧にノックまでしたんだぜ?」
もうスマはドアノブを捻っていた。
「失礼しまーす」
部室の扉を開ける。
最初にスマの目に入ったのは、どっかの軽音部でも某団長でもなく、100円玉だった。
100円玉が目に飛び込んで来たのだ。物理的に。
え?100円玉?何で?…目に飛び込んで来た?物理的に!?

パツーン!
「痛った~ッ!」
飛んできた100円玉が、スマの目に命中した。
「目があ!目があぁぁぁ!!」
バルス喰らったムスカ大佐が如く叫ぶスマ。
「ああ痛ぇ!…て、てめ何しやがる」
「俺じゃない。あの人だ」
ユーリが指差した先には、一人の女子がいた。
どうやらここの部員のようだ。
何故か親指を立てた拳をこちらへ突き出し、ニカッと笑っている。
彼女はこう言った。
「レールガン」
「…はあ!?」
片目を押さえたスマが悪態をつく。
「レールガン。といっても親指で弾くだけだけどね。ゴキブリならこれで殺せるよ」
つまりスマの目の強度は、少なくともゴキブリ以上ということだ。
「てめっ、出合い頭に何しやがるんだ」
「わざとじゃないよ。私がレールガンを撃ったところに君らが入ってきたんだ」
彼女はドアに止まっていたハエを撃墜すべく100円玉を発射したところへ、スマ達
が入ってきたそうなのだ。
「そんな偶然が信じられるかー!そこへ直れ!」
スマが彼女に掴みかかろうとする。が…
パツーン!
「痛った~ッ!」
事態の収拾には、小一時間を要した。



「ふうん。で、私も仲間に入れてくれる、と」
「そう。…ああ痛ぇ」
両目を押さえているスマ。
結局、『急に部屋へ入ったスマが悪い』ということになった。
ユーリが質問した。
「部員は、君以外は他にいないの?」
「いないよ。部員は私だけだからね」
この部活は非公認で、部室も空いているものを使っているらしい。
「行動的で、いい活動になりそうだね。私も協力するよ」
そう言って、また彼女はニカッと笑った。
「ありがとう。やったなスマ」
力なく応えるスマ。
「ああ、ウン…。アンタ、名前は」
そういえば名前を聞いていなかった。
間違いなく前半のごたごたのせいである。
「私は益川濃霧だよ。みんなノームって呼ぶね」
「益川さん、ね。で、何で今時100円玉なんか?」
ユーリが聞いた。
電子マネーが導入されて久しいこのご時世に、彼女はなぜか硬貨を持っているのだ。
それも一枚だけ。
「名前、ノームでいいよ」
「そうか…」
ノーム。頭の中で語感を反芻する。
「これはね、別に石ころとかでもいいんだけど、どうしても100円玉にしなきゃいけない事情があるんだ」
「事情…?」
その事情はさておき、ひとまず仲間が一人増えたのだ。
それまで目を押さえてしゃがみこんでいたスマが立ち上がり、言った。
「よっしゃ、これで三人だな。キリのいい人数だ」
スマは次に宙を指差し、こう怒鳴った。
「そろそろ本格的に行くぞ!目指せ地上だっ!」