※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一回テーマ小説大会:シーサー


前書き


薄いです。極めて薄いです。
ペラッペラです。


昨日のうっとうしい雨とは違い、空は雲ひとつない青空の今日の学校の帰り道。

僕は道端で百円玉を拾った。
近くのコンビニでその百円玉を使い、缶のコーラを買った。罪悪感を感じながら。

コンビニを出てコーラを一気に飲み干す。まるでその罪悪感を隠すように。
暑く火照った体の中に冷たい感覚が浸透していく。

コーラの空き缶を捨て、僕はまた歩き出す。まるでその罪悪感から逃げるように。

かなり歩いただろうか。気づけば家の近くの公園の前。
ベンチに座っていた男がこっちへ近づいてくる。
気味が悪い。僕は早足で家へと急いだ。
とにかく早く帰りたい。

しかしその思いとは裏腹に男との距離が縮まっていく。
僕は思わず走り出した。

だが男は追いついた。
男は開口一番に、
「使ったね?」
と聞いてきた。
心当たりのある僕は嘘をつくことができずにうなずいた。
そしてこう切り返す。
「見てたの?」
言葉の意味に裏はない。ただ率直に。

「私は使者です」
「シシャ?」
「使いの者、使者」
「どこからの?」
「空の世界、あるいは地底の世界」
「はは、バカバカしい」
まったく、変な人に絡まれてしまったもんだ。
僕は走って逃げ出した。

刹那、使者と名乗る男は俺の頭上を通過し、目の前に着地。
背中からは羽が生えている。
目を疑った。が、本物のようだ。
さすがにこれを見ると認めざるを得なかった。

「僕、連れてかれるの?」
俺は何かを悟ったつもりになった。

「安心してください。まだなにもしません」
「どうして?僕は悪いことをしたんだ」


小学生の時、友達と殴り合いのケンカをした。
その時に友達にケガを負わせてしまい、お母さんと一緒に友達の家へ謝りに。

お母さんは友達の母親に罵倒された。
僕はただうつむいたまま。
お母さんの顔はとても悲しそうだった。

帰り道も僕は黙っていた。
僕はお母さんに謝れなかった。

次の日にお母さんは事故で亡くなった。
僕は自分のせいでお母さんが亡くなったと思った。

きっとお母さんは僕に怒ったままこの世を去って行ったんだ。

僕は悪いことをしたんだ。


「僕は悪いことをしたんだ」
「だからといってあの世に連れて行くわけではないんです」
「え?」
「私は天国に連れて行く力はありません。地獄にもです」
「でもさっき空の世界、あるいは地底の世界からの使者だって」
「あなたにメッセージを伝えに来たのです」
「誰から?」
「あなたのお母様から。お母さんは怒っていないよ、と」
「お母さん?」
「私は死者の世界、『愛の国』からの使者。あなたが道を外したときに私は現れる」
「『愛の国』・・・」
「あなたのお母様はあなたをいつでも見守っていますよ。大きな愛を持って」

そう言い残すと使者は消えた。
空か、あるいは地底の帰るべき場所へ帰ったのだろう。


「ごめんなさい」

言えなかった「ごめんなさい」の言葉。

『愛の国』へと届いただろうか。