※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エルフ


エルフの役割

 指揮官が言った名前のキャラを数十人のエルフで纏めて射抜く。
まさにエルフ隊=火力。エルフ隊の統制力で同盟の攻撃力評価が決まる。
更に豊富な回復・補助魔法で前衛を助け自分達の火力をUPする。
高レベルエルフはイレースマジック(以下EM)、中堅LVは前衛に掛けられたEM剥がしも重要な役割。

 エルフはプレイヤー次第で活きるし、もしくは全く戦争で役に立たないクラスでもある。
スキルの差が如実に出るクラスだろう。

推奨Lv

40以上。出来ればLV6魔法が使える48か。

持ってくる物

  • ポット
 ワッフルはほぼ必須だが、キャンセルを頻繁に貰う最前列は無くても良いか。
回復POTは回復量と重量のバランスが取れているものが良い。
最前列は敵エルフのタゲを貰う為ある程度は持っておいた方が良い。
推奨は濃縮CP(80)程度。
秒間回復量
古代CP(110)>>B-CP(85)>CP(75)>古代OP(60)>B-OP(55)>B-赤P(50)>OP(45)>古代赤P(40)>赤P(30)>ジュース(25)~

  • アイテム
 重量ゲージはペナルティギリギリの60%前後が理想。
MP回復はB2Sのみでよい。ALA持ち等もなるべくもてるだけ持った方がよいかも?
矢の持つ量は参戦する時間によるが、30分で1000本と見ておくと良いだろう。
出来ればミスリル矢以上のものを。銀矢は矢切れになった時、足元に置いてある物を使うくらいにしておこう。
 LV52以上のエルフは精霊の玉も必須。EM+αの連携が勝敗の鍵になりうる。

  • 装備
武器
弓矢の攻撃はERというステータスの存在により当たり難い。
低レベル(40~47あたり)ならハンターボウやブラインドクロスボウ等が良い。(命中+1で+5%)
48になるとPE:STRやブレスウェポン等の命中が上昇する魔法が習得できる為、ある程度威力重視でも構わないか。

防具
弓の命中率が上がるものが良い。
ブレイサーやパワーグローブ等。

エルフ指揮官

纏まったエルフが活きるのは、上手な指揮官が居てこそ。
同盟の突破力は、指揮官であるアナタの判断力と指示を出す両手にかかっています。

必要事項

  • エルフ隊の射程の把握
    • エルフ隊が見えない相手を指示した所で意味が無い。射程は体で覚えよう。
  • 安全で出来るだけ前方が見える場所の確保
    • 指揮官が敵を見えてなくては指示の出しようが無い。死んで強制リスタを食らうのも良くない。
出来るだけ安全で敵が見える場所を見つけておくのも指揮官の仕事だろう。
  • 見易いチャットの単語登録
    • よく目にするCOLOR(RED):>>COLOR(green):○○COLOR(black):という表記は見易いからという理由で用いられる。
使う色は自由。個々で見易い色を探すといいだろう。

狙う順番

門戦では前衛とエルフの矢を組み合わせて、敵を倒すor飛ばす。
敵ナイトの壁を、エルフの弓で道を切り拓いていくイメージを持つと良いだろう。
塔周辺等の乱戦ではウィザードやNBエルフ等の回復隊を先に潰していくのがセオリー。
回復隊の援護が無くてはナイトもタゲに合えば一溜りも無いからだ。
全て飛ばせたら、味方ナイト付近の敵を順に指示して制圧していこう。

指示とその変更のタイミング

指示は吹き出しが消えないくらいの間隔で発言しよう。
途中でタゲ変更する場合、コロコロと変更が早いと、エルフ隊の操作が非常に辛くなる。
なので一呼吸置くくらいで丁度よさそう。変更する前に「タゲ変更準備」等と言えば、エルフも反応し易いのではないか。