解釈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

考えるとは解釈する(メッセージを抽出する)

情報からメッセージを抽出する際には、「情報の羅列でも、無理な
解釈でもないバランス」で、なおかつイシューに向かった解釈をす
ることの重要性を学びました。(まずSo What?→Why True?)

私はその中で、比較すれば「A(情報の整理のみ)」よりも「B(論
理の飛躍)」の方がよいというところが重要だと思いました。

演習のケースでは、情報が不足するために論理の飛躍が起こって
しまうケースもありましたが、実際のビジネスでは導き出した
解釈を補足するために必要な情報を自分で集めることができます。

情報を集めただけで満足するのではなく、「イシューに向かった解
釈をするためには更に何の情報を集めたらいいか」という観点でメ
ッセージ抽出に取り組んでいきたいと考えました。

加えて、「前提となる知識の重要性」を学びました。ビジネス系の
一般常識を知らなければそもそもよい解釈ができません。ここは知
識を得るための勉強が必要です。


前提を疑う

前提を疑うことにより、全く新しい打ち手を考えることができます。
また、暗黙の前提がないかを疑う癖をつけることが重要です。

その中で、原因に対して様々な前提条件があり、本質的な問題解決
には、問題を発生させている前提条件を見逃さずに考えることが重
要です。

意思決定を行う際には、説明する側の「都合のよい前提」のみを聞
かされるケースもありますが、前提条件はそれだけなのかという観
点で、さらに確認を行っていく習慣付けを行う必要があります。

ただし、前提条件を集めることに夢中になるあまり、意思決定のス
ピードが遅くなるケースがあります。現状では、本来不必要な前提
条件を確認している部分もありますので、本当に必要な前提条件を
的確にピックアップできるように、イシューを押さえながら前提を
疑っていく力をつけることが重要です。

このページはいかがですか?
選択肢 投票
いいね! (2)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。