※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(,,゚Д゚)魔界激震神話大戦GIKOのようです

▼第1話「悪意の悪意」

21 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 21:59:14.92 ID:/TxoZN8rO [10/27]
第1話「悪意の悪意」



あとは静けさだけが残る荒野


(,,゚Д゚)「………解除」

ミ,,゚Д゚彡

(,,゚Д゚)

一瞬の光の後、元の人間の姿に戻る

(,,゚Д゚)「順調だな…魔剣ビコー」

∵「へってめぇの力の引き出し具合が尋常じゃねーんだよ」

∵「修業の成果だ!誇れよ!正光義己!」

せいこうぎこ
久しぶりに聞いた自分の名前だ。
闘いと修業に明け暮れた日々は辛く、厳しかった。

だが、その結果、「悪意」を倒す力を手に入れたのだ。

22 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:05:59.49 ID:/TxoZN8rO [11/27]
(,,゚Д゚)「さて…そろそろ帰るか」

∵「ああ、しぃちゃんもドクオもお前の帰りを待ってるぜ!」

∵「鬼士零盟のエース直々の任務だったから向こうも心配だろうしな」

(,,゚Д゚)「ああ、そうだな」

だが悪意が居たとは言え、必殺技一発で倒せることのできる中級クラスの悪意しか居なかった。

あれならジョルジュ、いや下手したらドクオでもやれる。

なのになぜ零盟長は俺に…


23 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:07:42.97 ID:TKLr4G7c0 [4/6]
プロローグだけで終わるかと思ってたのに続くだと?
通販のカニをもう1杯ってレベルじゃねぇ…

24 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:11:13.32 ID:5iX+d4Dy0 [3/4]
変身解除する前からギコに戻ってね?
ニダーも中級悪魔らしいのに上級しか使えない技使ってなかったか

25 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:11:49.32 ID:/TxoZN8rO [12/27]
だがその答えはすぐわかることになった。

「お前か、裏切り者であり、敵である正光義己は」

(;,,゚Д゚)

普段は剣であるビコーが察知する悪意独特の悪意。
それがギコにも強くわかるほどの悪意が感じられた。

(;,,゚Д゚)「…貴様!何者だ!」
;∵「あまりにも悪意が強すぎる、しかも今ままで感じられなかったのに!」



「ならば姿を現してやろう」


ギコは細心の注意を払う。

荒野は急に雲に包まれ、「暗く」なりはじめる。

26 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:13:34.32 ID:cz/WhiwKO [2/5]
>>23 の例えがよくわからなかったが、笑ってしまった

27 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:15:04.91 ID:BbLKYpdlO
やべぇwwwwww



28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:18:16.98 ID:/TxoZN8rO [13/27]







ミ,,゚Д゚彡


一瞬、ギコの目線の先に顔が現れた。

(;,,゚Д゚)「……!!」

;∵(一瞬だけ見えたが、あれは間違いなくギコにそっくりだった……)






ミ,,゚Д゚彡

稲妻が落ちたと同時に、「悪意」の「根源」が闇からうっすらと現れていった

(,,゚Д゚)「なっ…………その姿は……」

そう、どう考えても、ギコと同じ、「鬼士」なのだ。

29 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:18:48.16 ID:cz/WhiwKO [3/5]
いろいろ直せばよくなりそうな点はあるけど、とりあえず投下が終わるまでは見て待ってるよー
支援

30 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:20:12.79 ID:73s1Eh7i0
文章は良いと思う。


31 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:21:57.81 ID:PCRYFxC00
拳ちゃんか

32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:25:43.51 ID:/TxoZN8rO [14/27]
ミ,,゚Д゚彡「やぁギコくん、初めまして…いや、久しぶりと言っておこうか」

ミ,,゚Д゚彡「俺はフサギコ、名字なんてない…悪意だからなぁ」

余りにも強烈な悪意にギコは動くことはできなかった。

(,, Д )(……身体が…震えて…動けない!?)

ミ,, Д 彡「ふっふっふっふ」

ミ,,゜Д彡

フサギコと自称する鬼士は二ダー爆発した跡地をじっとりと睨みつけた

;∵(あれは…)

跡地からどす黒い闇が巻き起こり闇がうねりあがった。


もはや荒野の周りは夜のように暗い。

33 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:25:56.42 ID:KPgR1SlaO [2/4]
>>29
なにその上から目線
典型的偽善者読者様だな……消えろ

34 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:28:01.45 ID:TKLr4G7c0 [5/6]
やべぇよ…今日の拳王はハンパねぇ……すげぇ…!

35 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:28:33.46 ID:KPgR1SlaO [3/4]
やべえ普通に面白い
支援

36 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:29:26.12 ID:edPbPmntO
犬ちゃんこういう地の文かけたんだwやるじゃん

期待支援

37 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:30:43.72 ID:/TxoZN8rO [15/27]
うねりあがった闇は噴水のようにこぽこぽと唸り
それは異形を形成していった。
そして闇の噴水が無くなるかと思えば





<ヽう∀´>「ニダ!」

燃やしつくしたはずの

完全に焼滅させたはずの


骸骨の二ダーが

完全に蘇生されたのだった



(;,,゚Д゚)「…なん……だと………?」

38 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:38:10.05 ID:/TxoZN8rO [16/27]
<ヽ`∀´>「い…生きてる…燃やされたと思」

ミ,,゚Д゚彡「やぁ二ダー『二度目』の復活はどうだった?」

<ヽ`∀´>「あ、あなた様は?フサギコ様!」

(;,,゚Д゚)「っ!?二度目の復活?それはどういう意味だ!?」
ミ,,゚Д゚彡「ちょっとは考えたらわかるだろう正光」

ミ,,゚Д゚彡「人間で死にかけてた二ダーを復活させた。」

ミ,,つД゜彡「こうやってなぁ!」

片目の先には枯れた花、それはみるみる生気を取り戻す。

<ヽ`∀´>「そしてフサギコ様は、人間のウリに、こんなに素晴らしい「力」を下さったニダ!」



39 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:43:42.23 ID:KPgR1SlaO [4/4]
あらチーの次はこれだな
支援

40 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:44:21.26 ID:/TxoZN8rO [17/27]
そうか……もしかして奴は……
ならば尚更倒さなければならない。

(,, Д )「もしかしててめぇは、「悪意」の「原因」か?」

ミ,,゚Д゚彡「……」

(#,,゚Д゚)「答えろ!フサギコ!!」

もはや自分に震えなどなかった。
奴だけは殺す、コロシテヤル!
;∵「落ちつけ!ギコ!怒りに身を任していては、悪意に勝つことはできない!」

(#,,゚Д゚)「うおおおおお!!!!!!」

ギコは空中に剣を翳して、フサギコと同じく、
鬼士に変身しようとする。



41 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:47:20.30 ID:cz/WhiwKO [4/5]
後々になって設定が明らかになるのに期待支援

>>33
おもしろい作品、おもしろい作品を書く作者が増えればいいと思ってるだけだよ
それが自分の書くモチベーションにもなるしね

42 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:48:34.61 ID:MHN1ud/t0 [1/2]
支援です
誤字脱字に気を付けると良いよ
拳ちゃん頑張って

43 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 22:54:16.63 ID:/TxoZN8rO [18/27]
だが――

(;,,゚Д゚)「なっ!」

変身の言葉を紡がなくとも、剣が教えてくれた。

「変身は出来ない」と

だがそんなことを受け入れられる精神状態ではなかった。

(#,,゚Д゚)「おいなぜだビコー、なぜ変身できない!?」

(#,,゚Д゚)「変身出来ないとあいつが倒せねーだろ!」

;∵「……剣はわかってるんだ」

∵「今のお前では、あいつかすり傷すら与えることができ」
(#,,Д)「うるさい!」

∵「……」

俺は今までなんの為に戦ってきたって言うんだ……
俺は、悪意を完全に消す為に、青春も思い出も、なにもかも犠牲に戦ってきたんだ
そしてやっと…、悪意の根源らしき人物が現れたってのによ!
(,, Д )「鬼士、改正!」

試しに言うが、なにも起こらない。

44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 23:03:45.23 ID:/TxoZN8rO [19/27]
俺がエース?、は?ぜんぜっんまだまだのカスじゃねぇか

剣に変身を拒否されるほど強い悪意が、まだまだ居るんじゃねーか……

ちくしょう!悪意は絶対に許せない…
でも、なにもできない自分が……悔しい。

(,, Д )

ギコは剣を落とし、膝をついてしまう……

それを見たフサギコが一瞬ニヤリと笑い、溜息を漏らした。

ミ,,゚Д゚彡「あーあ、あれだけたんか切って起きながらこのザマかよ」

<ヽ`∀´>「今のうちにやっちゃいましょうよフサギコ様!韓国では弱った相手を徹底的に潰すのは常識です二ダよ」

二ダーはケラケラと笑う。

ミ,,゚Д゚彡「ああ?なに言ってるのかな?今からアジトでてめぇをもっと強くするように改造する作業が残ってんだよ」

フサギコ黒いマントと鬼の形相を二ダーヘ向けた。

<ヽ;∀;>「改造は嫌ニダー!!!!」

ミ,,゚Д゚彡「また会おう、悪意狩りの裏切り者……」


闇に二人は一瞬で消えた。


45 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 23:05:48.78 ID:ZoQRxHB/O
意外と良いな

46 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/02/08(火) 23:08:34.44 ID:/TxoZN8rO [20/27]
残されたギコは暫く、膝をついたままだった。

地面に少量の涙を落としながら、固く誓う。

「もっと強くなる!俺はあいつを倒せるくらいに!」

「そしてあいつが悪意の『根源』か聞き出してやる!」

「両親を殺した、『根源』を探す為に」

聞いていたビコーはああと頷くだけだった。






第一話「悪意の悪意」 終