外国人作家:N~Z


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TOP


Shearer, Alex/チョコレート・アンダーグラウンド

評価 ★★★
訳者 金原瑞人
ジャンル 小説
出版年 2004
出版社 求龍堂
コメント ブラッドベリ「華氏911」を彷彿とさせる設定だが、禁止されるのがチョコレートというアイデアがよりファンタジーらしくしている。ただ、大人にとっては軽過ぎるし、子供にとっては長過ぎる物語なので、ターゲットとなる読者をどこに設定しているのかわからない。描かれているテーマ(自由を獲得する)を認識させるために平易な文章で書かれているのかも知れない。ラストで「実話」らしくしてしまうのは好ましくないが、全体的な構成は上手い。

Strand, Mark/犬の人生

評価 ★★
訳者 村上春樹
ジャンル 小説
出版年 2001
出版社 中公文庫
コメント 収録されている作品は、どちらかというと散文的で、物語性よりも詩情が滲み出てくるようなものばかり。そこには物語的なスペクタクルもなく、寓意も存在しない。そういう意味で、小説を読み慣れている読者には入り込みにくい世界だと思うし、消費すべき物語のない文章は今の日本には必要とされないのではないか。やはり村上春樹の文体であり、マーク・ストランドの影を覆い隠しているのが残念だが、仕方のないことなのかも知れない。


TOP



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|