B:美羽を『俺の彼女』といってみる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

B:美羽に『俺の彼女』といってみる

大翔「こいつが俺の彼女だ」
美羽「ひあっ!?」

冗談めかして美羽の肩を抱き寄せる。
さあ美羽、ここいらで一発場の空気を和ませる一撃を俺に! 体を張った俺の盛り上げをみせてやれ!!
…………おや?
視線を陽菜から美羽にやると…………。

美羽「あわ…………あわわわわわ……………………」

顔を真っ赤にして目を回していた。
そして周りを見回すと…………。

ユリア「(にこにこ)」
レン「(ちょっと距離をとっている)」
陽菜「(愕然)」

…………え? ちょ、え?
いや、何で皆さん、そんな大マジな顔してるんですか? 冗談ですよ?
極めつけに、

美優「(ガタガタガタガタ)」

いつの間に玄関に出てきていたのか、美優が凍り付いていた。
あの……冗談、なんだけど…………。

美羽「こ……………………」
大翔「こ?」

たっぷり3分は経ったころだろうか。美羽がぼそり。

美羽「こっ――こっ、このっ、変態兄貴ぃぃぃぃぃ!!!!!!!!」

どぐしゃあっ。
そんな音がして、気がついたら俺は地面に叩きつけられていた。美羽がなおも何かを喚いていたが、レンさんに取り押さえられている。
うん、俺はこんなリアクションを待っていたんだ…………3分、遅かったけどな。
なんなんだよ、もう。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。