A:ユリアを『俺の彼女』といってみる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A:ユリアを『俺の彼女』といってみる

大翔「こちら、俺の彼女のユリアさん」

なーんちゃって。
そんな事言う暇を与えてくれなかったのはレンさんと陽菜と美羽と美優だった。

レン「貴様そこへなおれぇぇぇ! そっ首叩き落してくれる!!」
陽菜「のあー!? ヒ、ヒロ君に彼女が!? そ、そんな情報聞いてないよぉ!?」
美羽「こ、このバカ兄貴! たった1日でいきなり手ぇ出したっての!?」
美優「お、お兄ちゃん……!? お兄ちゃんが結婚しちゃうの…………!?」

レンさん刃物をしまって下さい陽菜情報ってどういうことだ美羽なんだそのいつかやると思ってましたみたいな言い方そして美優はいつからそこにいやがった…………!!
もはや弁明する余裕すら与えてくれない4人にもみくちゃにされる。
4人が4人、各々にわめくなか。
ユリアさんだけは、ぽかーんとこちらを見ていた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。