プロローグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

子供の頃、世界の中心は俺だった。

世界は俺のためにあり、全ては自由自在。
根拠のない予感と、意味のない自信。
望めば全てが叶うんだと信じて疑わなかった。

夢は魔法使いになること。
それは、何がきっかけだったのかは思い出せない。
テレビで見た映画だったような気もするし、
親が寝物語に読んでくれた絵本だったような気もする。
ただそれは俺にとって、とても大事なことだった。
必ず魔法使いになる。
そうならなければいけない気がした。
俺は、とにかく魔法使いに憧れた。
妹が買った、魔女っ子変身用のステッキをこっそり拝借して
空き地で1人振り回したりしたこともある。
練習さえすれば、魔法は使えるはずだって思ってた。
いつか、手の平から炎の玉が飛び出したり、
自由に空を飛んだりできるはず。
兎にも角にも自分で思いつく限りの特訓の日々。
同年代の男達が、ヒーローやロボットにうつつを抜かしている時、
俺はひたすら魔法使いになるための行動に没頭していた。
それが最善だと信じていたから。

やがて、こんな俺も少しずつ年を取り、
空き地で1人、妹の魔女っ子変身ステッキや
杖に見立てた棒切れを振ることもなくなり、
サンタクロースの正体が親だったことを知った辺りの頃。
俺の魔法使いへの夢は現実という壁にぶつかった。
当然のように夢は磨耗し、擦り切れていった。
子供の頃の情熱は次第になくなり、
声高に魔法使いになりたいと言わなくなった。
いや、言えなくなったと言った方が正しい。
結局のところ、俺は世間に迎合したのだ。
どうしてかつての俺が魔法使いを目指していたのか、
何でそんなに魔法使いになりたかったのか。
そんなことすらも曖昧になっていた。
そして時は過ぎ、季節は何事もなかったかのように巡る。

初夏。
まだ春の足跡が薄っすらと残る頃。
何が目的かも忘れてしまった俺が、
ただその日その日を無為に過ごしていた時。

──俺の前に、彼女が現れたのだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。