A;引き受ける


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A:引き受ける

「引き受ける。ここで断ったら、男が廃るってもんだ」
「ほ、本当に良いのですか? もしかしたら、命を落とすのかも
 しれませんよ?」
「今更惜しむような命じゃないし。それに、美羽や美優を置いて
 死ぬかってんだ。このまま手こまねいてても世界が壊れちまう
 ってんなら、少しでも抵抗してやるさ」
「―――感謝します。ヒロトさんなら、きっとそう言ってくれると信じていました」
「まぁな。さって、んじゃさしあたって体力作りでもしようかね。
 ユリアさんも参加する?」
「え、な、何故でしょう?」
「だって、ますいんじゃないの? 風呂場の声、聞こえてた」
「も、もう。ヒロトさんは、時にいじわるです」

 ハハハ、と笑い声が風に吹かれて飛んでいく。
 その声はどこまでも遠く、世界さえ超えていくような、そんなことを予感させる夜だった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。