A:美羽がいた


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A:美羽がいた

「お、兄貴おっかえりー」
「あん、何だ居たのか美羽」
「む、居たのかとはなんだよー。せっかく兄貴の帰りを待っててやったのに」
「ん~? なるほどなるほど、お前も可愛いとこあんだなー」
「可愛い? 恐ろしいの間違いじゃなくて?」
「ひゃい?」
「やっと帰ってきたか。待ちわびたぞ、下郎」

 あっれっれー、なんかうしろにオニがみえるよー、なにかなーあれ。
 誰がどうみてもまごうことなきレンさんです、本当にありがとうございました。
 何にありがとうございましたって、俺の人生に。何か後ろに修羅背負ってらっしゃるんですもの。
 
「ひ、ひとつお聞きしてもよろしいでせうか?」
「何だ」
「何でそんなに怒ってらっしゃるのでせう?」
「今朝のこと、よもや忘れたとは言わせんぞ」

 ハイ、すっかり忘れてました。
 ってっちょっちょっちょ、まだその件で怒ってらっしゃったー!?
 
「ま、待て待て待て!! ユリアから事情聞いたんじゃないの!?」
「知るか。姫様はお前を探しに外へ出て、先ほど帰って来た途端疲れて御休みになられた」
「んで、寝言で『ヒロトさん……』とか呟くもんだからさー。有罪じゃね? コレって」
「さて、何か言い残すことは?」

 正直色々ありすぎて何を言えばいいかわからないんですが。
 例えば、今晩『がき☆つか』がやるから録画しといて、とか。
 明日の朝には『アラシの語欲!』がやるから見たいなー、とか。
 あ、あと『仮免ライダー電脳』もやるんだよなー。
 
「ってか、その後ろの大剣はなんですか?」
「フ、冥土の土産に教えてやる。これは、お前の最後を奪うものだ」
「メイドが冥土の土産って誰がそんな上手いことをアッ―!」

 血だらけで簀巻きのまま外に野ざらしは大変きつうございました。
 おかげで夕飯食べ損ねてしまいましたですよ? あぁ、お腹すいたなぁ。
 鳩ラッシュ、僕疲れたよ、なんだか眠いんだ……
 結局、解放されたのは夜が更けてユリアの目が覚めてからでしたとさ。とほほ……

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。