簡素なプロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ・ある朝、光と共にユリアとレンがこの世界にやってくる。

 ・部屋をめちゃくちゃにするほどの魔法を見せられ、大翔は異世界の存在を信じる気になる。

 ・居候との生活が始まる。ユリアとレンはあまり外に出ず、客間の中で何から色々としている。
  大翔たちは特別何もしなくていいらしい。

 ・中間テストが終わり、教育実習生として、苅野 乃愛がやってくる。本名ノア・アメスタシアとの初対面。

 ・夜中の公園でノアと出会う。話を聞いているとユリア同様、国の命令で来たらしい。
  最近、何やらホムンクルスがこの辺をうろついているのだという。
  そいつらを退治するために魔法を使っているという。

 ・ノアは、大翔がぶら下げているネックレスを指差して、アーティファクトだと言った。
  ヘルメスの杖。精霊と直接繋がっていて、欲しいだけの力が引き出せるという。それがあれば楽に倒せるという。
  だから、これからは大翔たちで退治してくれないか? と提案する。

 ・大翔は乗り気じゃなかったが、原因と出会えるかもしれないとユリアとレンは喜んだ。ついでに、ヘルメスの杖で帰れる可能性が出来たのもある。
  特に反対する理由もなかったので、その日からホムンクルス退治が始まる。

 ・毎夜のようにあちこちでホムンクルスが出る。ノアが連絡してくれることもあるが、大抵は自分の足で見つける。
  ホムンクルスは人に害を与えないかもしれないが、与えるかもしれない。基本、逃げ回っている。
  段々強くなっていくホムンクルスたち。ユリアとレンが焦る。

 ・絶対おかしいと考えていた大翔はノアのところへ行く。ノアは実験室に呼び、自分の研究が錬金術であることを白状する。
  その話ですぐにノアの自作自演だったことに気づき、啖呵を切って帰る。

 ・大翔は時間稼ぎをしていたのだと勘違いする。ヘルメスの杖を使って異世界に行き、ノアの言っていたトリアデント・ドールを叩くことにする。

 ・異世界でトリアデント・ドール壊滅作戦を大翔の指揮で行う。

 ・結果的に成功。そこで大翔はノアの多次元論を読み、すべての真意を知る。

 ・そして、その場でヘルメスの杖を使い、現世界にいる精霊を異世界に大量に呼び込む。世界は再び分断された。

 ・別れを告げた大翔たちは、ユリアの力で現実世界に帰る。
  そして、誰にも言わず、ノアの実験室を訪れた。
  ノアは死にかけだった。結局、霊薬を完成させることが出来なかったノアは大翔の目の前で死んだ。END
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。