A:姫達のことについて考えていた


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A:ユリア達のことについて考えていた
 ユリア達のことについて考えていた。
 昨日された話。まだ、返事は考えていない。
 そもそも、世界を救えって言われても、まともに実感がわかない。
 何で俺が? 俺は何か特別なのか? いや、ありえない。
 魔法も下の下、力もそこそこ。そんな普通の男だ。
 じゃあ、何故姫はあんな話を……あんな話? あれ、どんな話だったっけ?
 つい昨日のことなのに、よく思い出せない。
 記憶にもやがかかっているようだ。何なんだ、一体?

「おいっす。珍しいね、ヒロト君が休みに学校にいるなんて」
「あ、ノアさん。いや、これには結構深い事情がですね?」
「こーら。学校では先生って呼べって言ってるでしょ?」
「休みに先生も何もないっすよ」
「……ん? あれ、君……?」
「へ? なんすか?」
「いや、でも……ああ、なるほどバグか……シナリオが……」
「の、ノアさん?」
「ッチ、クソ。なるほどな。こりゃ時系列まで弄らなきゃ……
 ああ、こっちの話。
 ところで、見た感じヒロト君疲れてるみたいね。少し休んでた
 方がいいわよ?」
 
 ノアさんにそう言われた途端、急激な眠気が襲ってきた。
 昨日何かあった気が……するのに。考えごとが……あった……ような……
 
「私だ。ったく、あれほど……には気をつけろって何度も……
 ハイハイ、言い訳は後。さっさと処理……」
 
 最後に、ノアさんが誰かと電話しているのを聞きながら、俺は深い眠りに落ちていった。
 (結構メタな話なバグがあった設定で、先生達組織が改竄。租借シナリオ第2話 - 1.二日目:朝に戻る)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。