僕壊第三話b2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつのまにか、[l]先生がバイトしているという喫茶店に到着していた。[l][r]
話に聞いた状況とは随分違い、[l]喫茶店は相当に賑わっている。[l][r]
一体どうしたのだろうか。[l][r]
……大体想像はつくが。[l][r]
[r]
; ●立ち絵リセット
; ▼システム 暗転
; ▼システム ウェイト
; ★BGM変化~No.17 目覚め
; ▼システム CG・『猫耳を付けたノア』

乃愛「いらっしゃいませにゃん♪」[l][r]
ユリア「あら、先生が働いてらっしゃいますわね」[l][r]
大翔「そうですね」[l][r]
レン「あれは……頭につけている物はなんだ? [l]兜ではなさそうだが」[p]
[cm]


案の定、先生は猫耳を付けた姿で仕事をしていた。[l][r]
こちらの視線に気付いたのか、[l]入り口で躊躇している俺たちのところに歩み寄ってくる。[l][r]
[r]
乃愛「やあ皆! 遅かったね! [l]……じゃない、遅かったにゃん♪」[l][r]
大翔「先生、本当にやったんですか……」[l][r]
乃愛「おっと、仕事仕事。こちらへどうぞ」[l][r]
[r]
; ▼システム CG消去
; ■背景変化~ショッピングモール・飲食店・席
; ●立ち絵 ユリア・私服(姫)・表情(通常)・位置(中央)
; ●立ち絵 レン・私服(騎士)・表情(通常)・位置(左)

ツッコミは華麗にスルーされ、[l]三人用の席に案内される。[l][r]
とりあえずコーヒーを頼んだ。[p]
[cm]

先生はすぐに入り口に戻り、忙しそうに接客をし始めた。[l][r]
[r]
ユリア「お客様方、[l]みんなノア先生をみてらっしゃいますわね~~? 」[l][r]
大翔「まあ、なるほど、[l]客寄せの為には絶好の手だな」[l][r]

; ●立ち絵変化 レン・私服(騎士)・表情(不機嫌)・位置(左)

レン「あの男共、ノア殿の尻にばかり目が行っているな。[l]破廉恥な」[l][r]

危ない。レンさんが口に出さなければ、[l]自分も破廉恥と思われるところだった。[l][r]
ギリギリで先生から視線を逸らし、コーヒーをすする。[l][r]
独特だが、なかなか美味。[l]レンさんも味に満足しているようだ。[p]
[cm]

; ●立ち絵変化 レン・私服(騎士)・表情(笑顔)・位置(左)

姫にはとっては少々苦いようだが、[l]レンさんには丁度いいらしい。[l][r]
まったりとすごしていると、先生目当ての客の数も減り、[l]先生が俺たちの席に近づいてきた。[l][r]
猫耳は外していた。[l][r]
[r]
; ●立ち絵 ノア・スーツ(邪気眼)・表情(通常)・位置(右)

大翔「お疲れ様です、先生」[l][r]
乃愛「いや実際大変だったよ、[l]売り上げはなかなか稼げたがね」[l][r]

; ●立ち絵変化 レン・私服(騎士)・表情(通常)・位置(左)

レン「何故そこまでして売り上げを? 」[l][r]
乃愛「大したことじゃないんだけどね。[l]旧友に借りを返した、ってところさ」[l][r]
ユリア「店長様とお知り合いなのですね……」[p]
[cm]

; ●立ち絵 ノア・スーツ(邪気眼)・表情(笑顔)・位置(右)

乃愛「君等が来るからはりきったってのも、多分にあるがね」[l][r]
[r]

先生はシニカルにそう言うと、[l]ユリア様とレンさんを眺めすがめつして、微笑んだ。[l][r]
どうやら二人に貸した服が似合っていることに満足しているようだ。[l][r]
先生、結構面倒見がいいからな……。[l][r]

店の時計が目に入る。[l][r]
遅い時間に来たので、[l]そろそろ帰らなくてはいけない時間だ。[p]
[cm]


レン「む、時間を忘れてしまっていたな[l]……そろそろ帰るか」[l][r]
[r]
レンさんも時間に気付いたらしく、[l]席を立つ。[l][r]
会計を済ませて、先生に挨拶。[l][r]
ちゃんと学校きたまえよ、[l]と釘を刺されてから、喫茶店を出てティーオンを後にした。[p]
[cm]


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。